「カードでお金」の看板の正体は店舗型現金化業者|注意点も解説!

「カードでお金」の看板の正体は店舗型現金化業者|注意点も解説!

「カードでお金」の看板を町中で見かけることがあります。

これは難しいことをしているのではなく、実際にはクレジットカードのショッピング枠の現金化をおこなっています。

言葉を変えて何をしているかわからないことにして、利用者に興味を持たせたり、お金に困っている人を誘導しています。

実際に利用しようと考えている時に、注意する点などはあるのでしょうか。

「カードでお金」の看板がなくても同じことをしている業者は複数存在しますので、よく内容を確認することも大切です。

「カードでお金」の看板は一体何?正体は店舗型の現金化業者

「カードでお金」の看板は一体何?正体は店舗型の現金化業者

町中を歩いていると「カードでお金」の看板を掲げているところがありますが、特別なことをおこなっているわけではありません。

実はこのお店は、店舗を構えてクレジットカードのショッピング枠の現金化していて、クレジットカードの現金枠が残っていれば現金に変えてくれる換金業者として営業しています。

「カードでお金」という言葉を使うことにより、誘導しやすかったり集客をしていることにつながります。

お金に困っている人を誘導しやすい言葉

「カードでお金」という看板を見ると、お金に困っている人がいると気になってくるフレーズです。

興味のある人の気を引きやすく、何をしているか疑問を持つことにより、店舗自体が気になってしまったり近所にあったら見に行ってしまうきっかけとなります。

ネットで探せば複数お店があるのですが、実際に見るのとは全く違ってきます。

誘導しやすい誘い文句として活躍しています。

実際に店舗があることでお店に入りやすくしている

クレジットカード現金化の業者はネット上に複数業者が存在して、ホームページが主な無店舗型もありながら、実際には「カードにお金」の看板がなくても店舗を構えて営業しているところがあります。

ただこの看板があることで金融会社ではないように感じ、お店に入りやすくしているというメリットがあります。

何をしているかもわかりませんので、クレジットカード現金化をしたくない人でも集客することは可能です。

実はおこなわれていることはクレジットカードのショッピング枠の現金化

「カードでお金」は実はおこなっていることは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換金してれるところです。

商品を実際に購入して売ることで換金できるところや、キャッシュバック型として商品を購入した特典として現金を受け取ることができる方法がありますが、クレジットカードを持っていてショッピング枠が残っていれば、現金化はすることができます。

言葉を変えてイメージを変えることや、誘導しやすくなっています。

「カードでお金」の現金化業者を利用する際の注意点

「カードでお金」の現金化業者を利用する際の注意点

「カードでお金」の看板を見てしまうと、お金に困っている人がその言葉に引かれてお店に入ってしまったり、よくわからないのに現金化してしまう可能性もあります。

クレジットカード現金化の業者はよく調べば複数の業者がありますし、自分にとって有利なところを探すこともできます。

お店を利用するにあたって注意することは何になるのでしょうか。

わからないことを逆手にとり業者側に言いくるめられてしまう

実際に町中で「カードでお金」という言葉を見ると、それは何だろうというお金にこまっている人なら興味を持つきっかけとなります。

もちろん実際に店舗に入った後換金を断ることもできるのですが、業者側も営業文句を言ってなかなか帰ることができません。

クレジットカードは持っていることが多いカードですので、その気になればすぐに現金化できてしまいます。

入りやすいお店だからといってすぐに入ってしまって、よくわからないことを逆手にとって業者側に言いくるめられてしまう可能性もあります。

緊急性や焦る気持ちを利用して低い換金率になってしまう

クレジットカードのショッピング枠の現金化は、「カードでお金」のお店にこだわらなくても、他に複数の業者が存在します。

店舗がなくてもメールや電話のみでやり取りが完了したり、業者ごとの競争により高還元率や速い速度で還元してもらえることがあります。

自分の行動範囲でお店を見つけたことにより、緊急性や焦る気持ちがあるとき、そのまま利用する流れができてしまいがちです。

実は自宅で良く調べてみると、もっと高還元率や速い速度で換金してもらえるところが他にある場合があります。

急ぎ過ぎたうえに損をすることになることは注意した方が良いです。

店舗に入るところを見られる可能性がある

店舗型のお店は、お店に入ることが見られる可能性があります。

特に自分の行動範囲の中で「カードでお金」の看板を見つけてしまった場合、近所の人の目線には注意しないといけません。

近所の人はそのお店の事業内容を理解しているか理解していないかわかりませんが、お金に関係していることは確かです。

噂話しがひどいところや田舎などは話が拡大して広がってしまうことになりますので、入店には気を付けたほうが良いです。

「「カードでお金」の看板の正体は店舗型現金化業者|注意点も解説!」のまとめ

「カードでお金」の看板を掲げている業者は、実際にはクレジットカードのショッピング枠を現金に換金している業者となります。

言葉を変えて店舗を気になるような存在になって、身近に感じさせることによって、お店に入りやすくしていることが特徴です。

クレジットカードの現金枠の換金をおこなっている業者は他にも存在していますので、本当に利用するなら高還元率や高速度のところを選んだ方が、利用者にとってはメリットが多くなります。

お金が速くほしいという緊急性を利用して、業者側に言いくるめられてしまうことに注意することも大切です。