カード現金化のCGKの口コミ評判!メリット・注意点・換金率・振込までのスピードなど

カード現金化のCGKの口コミ評判!メリット・注意点・換金率・振込までのスピードなど

最初にCGKの特徴について、3つのことを説明します。

次は、具体的な換金率と申し込むときの手順の話になります。

それから、CGKの注意点の話になります。

CGKは換金率がかなり高めなので、そこに目が行きますが、他の部分で重要なところもしっかり見ておきたいです。

特に、実際に申し込むときは、事前にCGKの情報をしっかり知っておきたいです。

CGKに問い合わせる時は、電話で直接確認した方が効率がいいかもしれません。

即日お申込みはこちら

カード現金化のCGKの口コミ評判

評価:評価5

小さい会社を経営しているのですが、資金繰りで困ることが起こってしまい、こちらにお世話になりました。

きっちりした対応をしてくれたので、とても助かりました。

小さい会社にとっては助かるところです。

30代/男性

評価:評価4

いきなりお金が必要になって利用しました。

電話対応などは、なかなか丁寧に説明してくれたと思います。

手続きの時間は思ったよりかかった気がしますが、十分良いサービスだと思いました。

30代/男性

評価:評価5

現金化業者を利用しようと考えていたのですが、インターネットで利用できるこちらを見つけて便利な世の中になったと思いました。

インターネットを介せば、店舗に行く必要もありませんから、気楽に利用できました。

30代/男性

評価:評価4

いわゆる中小企業と言われるところの経営者ですが、ここは資金面でかなりお世話になりました。

企業向けにやっているところなのかもしれません。

2度目ぐらいの利用ですが、今後も利用するかもしれません。

30代/男性

評価:評価3

換金率が高いので利用してみましたが、振り込み金額があまり多くなかったように感じます。

サイトの説明と少しギャップがある気がします。

でも、他にさらにイマイチな現金化業があったので、悪いところではありません。

40代/男性

カード現金化のCGKの基本情報

カード現金化のCGK_ロゴ

業者名カード現金化のCGK
代表者木村 智也
ホームページhttps://cgk-3.com/
事務所所在地記載なし
設立日記載なし
メールアドレスinfo@cgk-3.com
換金率98.0%
振込スピード3分
申込方法WEB申込み・電話
対応カードVISA/Mastercard/JCB/American Express/Diners Club
営業時間9:00~19:00
申込み時間24時間
土日祝日対応可能
キャンペーン20万円以上の利用で換金率3%アップ

カード現金化のCGKの3つの特徴

CGKの主な特徴を3つ説明します。

CGK以外にあまりないような特徴が、あるので知っておくと便利な情報になります。

換金率の高さと送金時間の早さを気にしている人は、ぜひおさえておきたい情報です。

大口利用が可能かや、トラブルの有無も分かります。

大口での利用が可能

CGKは大口での利用が可能であり、歓迎している方針です。

大口というのは、90万円以上の利用や法人カードの利用のことを指していると思われます。

簡単に言えば、大きな金額で利用するところを優遇するということです。

現金化業者は、お金に困った個人が利用するイメージがありますが、中小企業が利用することも多いです。

資金繰りに困った中小企業が、現金化業者を利用できるのか?という疑問が多いかもしれませんが、法人カードが利用できますから、利用することに問題はありません。

3分での送金が可能

CGKでは、最短3分で送金ができるのが特徴になっています。

ただし、CGKを利用するのが初めてだと、最短で20分になります。

2回目以降の利用では、最短3分が可能になるのだと言えます。

初めての利用では、どうしても手続きに時間がかかります。

そして、初めての利用ではあまり急がない方がいいです。

やり方にじっくり慣れてから、次の利用以降、最短3分の送金が可能ということになります。

常連と初見のお客さんで時間が変わるのが、CGKの特徴と言えます。

トラブルがこれまでなし

CGKは、これまでにトラブルがないことが特徴になっています。

現金化業者では、ちゃんとやっていても何かのトラブルが起こりそうですが、CGKでは今までカードでのトラブルはありません。

CGKの利用者の多くはお金に困って利用しているはずですが、トラブルなしでここまで運営しているのは、かなり大きな特徴となります。

そのためなのか、CGKではキャンペーンをよくやっていて、換金率が高めです。

トラブルなしなので、キャンペーンを行ったり、高い換金率が実現できるのでしょう。

カード現金化のCGKの換金率(プラン)・振込スピード・利用の流れ

CGKの換金率と振込スピードと申し込みの手順を説明します。

換金率は主に利用金額によって、変化があります。

振込みにスピードは、CGKの利用回数で変わります。

申し込む前には、事前に必要なものを用意しておきます。

CGKの換金率

以下がCGKの換金率です。

  • 1万円から30万円の利用で換金率91%以上
  • 31万円から60万円の利用で換金率93%以上
  • 61万円から90万円の利用で換金率95%以上
  • 90万円以上の利用で換金率98%以上

90万円を超える利用の場合は、CGKに確認する必要があります。

CGKの説明を見る限りは、90万円以上の金額になると、換金率は98%からさらに上がるかもしれません。

98%以上の数字だと、99%だけになってしまうと思われますので、CGKの方にその辺りの確認が必要です。

最短の送金時間

CGKで説明している最短の送金時間は、3分となっています。

それと、最初の利用では、最短で20分となっています。

これは、

  • はじめてCGKを利用する人は、最短で20分の送金
  • 2回目以降のCGKの利用では、最短で3分の送金

となり、2種類の最短送金時間があることになります。

CGKを今まで利用していない人は、最短の送金時間は20分と考えておくといいです。

CGKの利用経験がある人は、最短では3分の送金ができると言えます。

利用に必要なものと手順

以下が手順の順番と説明です。

STEP.1
クレジットカードを用意

用意するクレジットカードは、個人のものでもいいですし、法人のクレジットカードでもいいです。

両方利用できます。

STEP.2
銀行の口座番号を用意
STEP.3
本人確認書類を用意
STEP.4
CGKに申し込み

CGKのホームページに申し込みフォームがあるので、メールで申し込む場合は、申し込みフォームに必要事項を記入して、送信ボタンを押します。

カード現金化のCGKの注意点

CGKについての注意点を説明します。

換金率に関しては、大口の利用かどうかが重要になります。

サイトの専用フォームから、メールで問い合わせる場合は、個人情報が見られてもいいのか、注意する必要があります。

換金率に注意して確認

換金率が最大で98%となっており、その数字にかなりインパクトがあります。

しかし、90万円以上の利用で換金率は98%になるので、前もってホームページで確認したおいた方がいいです。

また、キャンペーンを定期的に行っているとホームページで言っており、現在は20万円以上の利用で、換金率が3%アップするキャンペーンがおこなわれています。

キャンペーン込みでの換金率なのか不明な点があるので、できれば、CGKを利用する前に確認をしておきたいです。

少額で利用する時

CGKは、大口での利用を優遇すると説明してあります。

これは、個人での利用はあまり優遇されないことになるかもしれません。

ホームページでの換金率を見ると、かなり大きな利用金額になると、換金率が上がります。

この利用金額は、個人での利用では難しそうな高い金額に見えますので、少額での利用の場合は、注意が必要になります。

少なくとも、個人での少額利用を優遇する記載は、ホームページにはありません。

メールの問い合わせ

CGKにメールで問い合わせる場合は、ホームページに必要情報を入力して、送信ボタンを推します。

必要情報は、携帯電話の番号や名前などの個人情報が含まれています。

メールの問い合わせる時は、個人情報の入力に注意が必要です。

サイト内には、CGKのメールアドレスがありますが、そこに直接メールを送って返事が来るかは分かりません。

サイト内には大きくフリーダイヤルの電話番号がありますから、電話で聞いた方が早いかもしれません。

「カード現金化のCGK」のまとめ

カード現金化のCGK_ロゴ

CGKは換金率の高さと、送金時間の短さがかなり大きいと言える現金化業者になるでしょう。

換金率が高く送金時間が早いというのは、多くの現金化業者が競っている部分になります。

CGKはその激しく競っている部分で、かなり優秀な数字が出ています。

そのあたりは特筆するところになるのですが、それに合わせて多少の注意点があるのが、CGKの特徴であり、注意点ともなります。

ともあれ、現金化業者に興味を持っている人は、CGKをチェックしておいて損はしないでしょう。

特に法人のクレジットカードがある人は、見ておいた方がいいかもしれません。

即日お申込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です