クレジットカード現金化を自分でする方法|メリットとデメリットを解説

クレジットカード現金化を自分でする方法|メリットとデメリットを解説

どうしても今すぐに現金が欲しいという人におすすめなのが、クレジットカード現金化です。

現金化業者を利用する人が大半なのですが、実は自分で現金化をする方法もあります。

少し手間がかかるけど、どうしても自分でやりたいという人は参考にしてください。

今回は、その方法とメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

クレジットカード現金化を自分でする方法|ショッピング枠を利用して商品購入~売却の流れ

クレジットカード現金化は、業者に依頼をする人が多くいますが業者に頼まずに自分ですることもできます。

メルカリなどを普通に利用する人はイメージしやすいはず。

自分だけでは不安という人もいるかもしれませんが、そう難しくはありません。

ショッピング枠を利用して商品購入

まずは、ショッピング枠を利用して商品を購入することから始まります。

商品と言っても何でも良いのではなく、少しでも換金性が高い商品を選ぶことが大切です。

現金化のためとはいえ、購入の際に特別なことは必要ありません。

店頭でクレジットカードを使えば良いだけです。

もちろん、ショッピング枠の範囲内で収まる商品を選ばなければなりません。

商品の売却

ショッピング枠を利用して購入した商品が、例えばゲームソフトだったとしましょう。

実際に買取店にゲームソフトを持って行って売れば現金化終了です。

ただし、ネットショップやネットオークションなどで売却する際は売れるまでに時間がかかることに注意が必要です。

ネットだと、より高く売却をすることができるかもしれませんが、この点は自身の状況で決めるようにしましょう。

現金の受け取り

売却をすると、相場に応じた金額を受け取れます。

業者を利用した場合、一般的には80%前後の換金率だと言われていますが自身で行った場合90%になる可能性もあります。

上記のようなゲームソフトであれば、それが人気作品で最新作であればあるほど高額で買い取ってくれるでしょう。

基本的には、自分で現金化をする流れは以上になります。

クレジットカード現金化を自分でする際にオススメ(高換金率)の商品

上述の通り、購入する商品は何でも良いわけではありません。

最悪、売れない可能性もあります。

少しでも高く換金したいのであれば、高換金率の商品を選ぶ必要があります。

一般的には、以下のような商品がどこでも高額で買い取ってくれるものとして有名です。

ブランド品

街中にブランド品の買取店があることからも分かるように、ブランド品を売りたい人も欲しい人も数え切れないほどいます。

ブランド品ならば元の値段が高いものが多いですし、有名であればあるほどそれを欲しがる人もいます。

そうなると、必然的に買取額や換金率が高くなり高額で売ることができるのです。

商品の状態も、良好にしておくことが大切です。

家電製品

家電買取専門店だけでなく、総合買取店で高額に買い取ってくれることがあります。

これもブランド品と同じように、最新の製品であるほど需要があるため高額になる可能性が高いです。

状態も良好に保つ必要があるのですが、製品によってはブランド品よりも元の値段が劣るためそこまで換金率が伸びない可能性もあります。

Amazonギフト券

高いところでは95%近くの換金率となる場合もあり、わざわざ実店舗に行かずともインターネット上で手続きができるので非常に手軽だと言われています。

ブランド品や家電製品などのように、もしかしたら買取不可となる可能性も少ないですし重い商品を持ち運ぶ必要もありません。

Amazonギフト券は、ブランド品以上に流通のスピードが早く、それだけ需要が高いので高換金率に設定されているのです。

※ただし、場所によってはクレカでの金券の購入は禁止されています。

クレジットカード現金化を自分でする3つのメリット

業者に依頼をせずに、自分で現金化をする際にはいくつかのメリットがあります。

あくまで僕が考えるメリットです。

ここで紹介するメリットを把握して、快適かつ満足できるように現金化することが重要です。

手数料が不要

自分で現金化をすると、手数料が不要です。

業者に依頼をしたことがある人ならば分かるかもしれませんが、業者によっては高額の手数料を取るところもあります。

換金額がそこまで大きくない人にしてみれば、かなりの負担になるかもしれません。

中には手数料無料の業者もいることにはいますが、自分で換金した方が得であることには変わりないでしょう。

少しでも手元に現金が欲しい人は自分でした方が良いです。

面倒な手続きが不要

業者に依頼をする際には、本人確認を求められます。

最近では、オンライン上で免許証などをアップロードして確認が行われるため郵送よりも簡単にできるようになりました。

しかし、自分ですればアップロードも必要ないですし確認に時間が取られることもありません。

初回登録が終われば次回以降は簡単に利用できるものの、そもそもホームページを開いて手続きをするのも手間に感じている人もいるでしょう。

そういう人にとっては、手続きが不要なのはメリットに感じられるでしょう。

気持ち的にも楽

最後に紹介するメリットは、安心して現金化ができるという点です。

ゲームソフトを買って売却するだけならば、見えない業者に依頼するよりも安心して利用できるのではないでしょうか。

買取店でも身分証明書の提示が求められますが、気持ち的には楽に現金化できるでしょう。

クレジットカード現金化を自分でする3つのデメリット

上述のようなメリットがある一方で、デメリットもいくつか存在します。

デメリットも正確に把握した上で現金化をすることで、避けられるトラブルもあります。

それぞれ解説していきます。

クレジットカードの利用停止リスク

クレジットカード会社は、カードの利用状況を把握しています。

あからさまに不可解なお金の出入りがあると、要注意人物としてマークされる可能性があるのです。

マークされてあまりにも酷い利用状況だと判断されると、最悪の場合カードの利用停止や強制退会、あるいは残額の一括支払いを請求されることもあります。

せっかく作ったカードが使えなくなると、現金化のみならず日常でも買い物が難しくなるので注意が必要です。

情報収集に時間がかかる

先にも述べた通り、自分でするのであれば面倒な手続きが不要ではあります。

しかしその反面、どの商品を購入してどこでそれを売却すれば少しでも高く現金化できるかについては、自分で調べなければいけません。

これを怠ってしまうと、予想をはるかに下回る金額で買い取られることもありますので真剣に取り組む必要があります。

売却先は購入先とは違うところになるので、移動することも考えなければなりません。

高額の現金化

ゲームソフトやゲーム機ならばいくつも購入することはできますが、一度にいくつも購入するとカード会社に怪しまれる要因となります。

また、売却に関しても同じ商品を売る際の上限数が定められているところもあります。

カード会社も現金化を警戒しているので、この点はどうしても避けられないデメリットです。

自分で現金化が不安なら現金化業者を利用しよう!

現金化は業者に依頼をするのが当たり前のように思っている人もいるかもしれませんが、中には自分でやっている人もいます。

カードのショッピング枠を利用して商品を購入し、少しでも高く買い取ってくれる店に売却をして現金を手にするというものです。

ただし、この方法にはカードの利用停止や情報収集に時間がかかるなどのデメリットがあります。

現金化するまでに時間がかかってしまうことも微妙なところ。

もし不安があり、あれこれ考えてしまうようであれば現金化業者の利用をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です