メルカリを利用してクレジットカード現金化をする方法・メリット・デメリット

メルカリを利用してクレジットカード現金化をする方法・メリット・デメリット

クレジットカードのショッピング枠を現金に変えることができるクレジットカードの現金化。

手元にクレジットカードしかない状態でも、現金を手にすることができるということで利用している人も少なくありません。

そんなクレジットカードの現金化は、実はフリマアプリであるメルカリでも行うことができることをご存知ですか。

メルカリを普段から利用しているという人ならば、簡単に現金化ができる場合もあります。

今回は、そんなメルカリを利用したクレジットカードの現金化について紹介していきます。

メルカリを利用してクレジットカード現金化をする方法


メルカリは商品を出品したり購入するだけでなく、現金化に利用することも可能です。

ですがメルカリで現金化ができるということを知らなかったという人も多いでしょうから、方法がわからないという人もいるのではないでしょうか。

そこでまずは、メルカリで現在利用することができる2つの現金化の方法を、かつて利用することができた方法と合わせて紹介していきます。

メルカリに商品を出品する

メルカリを利用して現金化をする方法の1つ目は、クレジットカードで購入した商品をメルカリに出品するという方法です。

メルカリでは自分で自由に値段を設定することができるため、自分で自由に換金率を決めることができます。

もちろん価格が高すぎる場合には買い手がつかない可能性もありますが、出品するものによってはリサイクルショップなどに売るよりも高い換金率で現金化をすることができる可能性もあります。

またメルカリでは様々なものを出品することができるので、リサイクルショップでは買い取ってもらえないものもお金に換えることができます。

メルカリで購入した商品を買い取ってもらう

メルカリを利用して現金化を行う2つ目の方法は、メルカリで購入した商品をリサイクルショップなどの買取店に持っていき、買い取ってもらうという方法です。

メルカリでは処分したいものを出品しているという人も多いため、本来の価格よりも安く出品されているということも少なくありません。

それを購入してリサイクルショップなどに持っていくことで、現金にすることができるのです。

この方法は非常に簡単で、メルカリで賞品をクレジットカードで購入して、リサイクルショップに持っていくだけで完了します。

昔は別の方法でも現金化ができた?

現在は利用することはできませんが、過去にはメルカリでは現金が出品されていて、それを購入することで現金化を行うことができました。

これは非常に簡単で、他の商品と同じように現金が出品されているのでそれを落札し、支払いをクレジットカードで行うだけでした。

ですがこの方法はテレビなどでも報道されることで広まってしまい、現在では現金を出品することは禁止されています。

「当社が当初想定していなかった、現金を額面以上で販売するという出品が行われ始めた」ため、トラブル防止のため4月22日、現行紙幣の出品を禁止。

「利用規約で禁止しているマネーロンダリングをにつながる可能性がある」として出品を見つけ次第、順次削除しているという。

出典:ITmedia NEWS

同様のことをしてしまうとアカウントの停止などの措置が取られる可能性もあるので、覚えておきましょう。

メルカリを利用してクレジットカード現金化をするメリット


メルカリでは、先に紹介したように大きく分けて2つの方法で現金化を行うことができます。

そのため自分に合わせた現金化をすることが可能です。

ではそんなメルカリを利用した現金化にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここからはメルカリでの現金化の3つのメリットを紹介します。

金額を自由に決めることができる

メルカリでは商品を出品する際に、自分で自由に金額を設定することができます。

そのため、自分の希望する金額で買い手を探すことができるため、自分の好きなように換金率を設定することができます。

どうしても買い手がつかない場合には出品後も金額を変えることができます。

またこの制度は自分が賞品を購入して現金化をする時にも効果があり、出品者と価格を交渉することで本来の価格よりも安く商品を購入することができるのです。

それにより、より高い換金率で現金化を行えるようにすることも可能です。

カード会社にばれるリスクが非常に低い

メルカリを利用して現金化を行う場合、自分で購入した商品を出品するかメルカリで購入した商品をリサイクルショップなどに買い取ってもらうことになります。

この中でも特にメルカリで商品を購入する場合には、クレジットカード会社にばれるリスクが低くなっています。

あくまで自分がしているのはメルカリで商品を購入しているだけなので、怪しまれにくいのです。

もちろん換金性の高い商品ばかりを購入していたり、同じ商品を何度も購入していると怪しまれてしまう可能性はありますが、他の方法に比べてリスクは低くなっています。

商品を安く手に入れることができる

メルカリでは出品者が自分で価格を設定して商品を出品しています。

そのため中には、本来の価格よりも低い金額で出品しているということも少なくありません。

その多くが出品者がもらい物などを出品していて、そのものの価値を知らないという場合です

それらを購入することで他の方法で商品を購入するよりもより高額で手に入れることができ、換金率も高くすることができるのです。

特にマイナーなものほどこの現象が起きやすいので、メルカリで現金化をする時には出品を細かく調べることをおすすめします。

メルカリを利用してクレジットカード現金化をするデメリット


これまでに紹介してきたように、メルカリでクレジットカードの現金化を行うと様々なメリットがあります。

そのため、メルカリで現金化をしようとしている人もいます。

ですが、その一方で注意しなければいけない点もいくつかあるので、事前に確認しておきましょう。

配送などのトラブルが起きる可能性がある

メルカリではサイトを通して個人間で賞品のやり取りをするため、どうしてもトラブルが付いて回ってきます。

自分が出品をしている場合には、商品を発送して相手が受け取っているにもかかわらず、商品が発送されていないとクレームを付けられたという事例もあります。

また自分が賞品を購入した時には、クレジットカードで支払いをしたにもかかわらず商品が発送されなかったり、写真と商品が違うといったトラブルも報告されています。

そのためトラブルが起こる可能性があることも覚えておきましょう。

現金化までに時間がかかる

メルカリでは商品を購入したいと思ったらすぐに購入出来て、自分の手元に届くというわけではありません。

自分が支払いをしてから商品が発送されるため、商品が自分の手元に届くまでに時間がかかってしまい、結果現金化にも時間がかかってしまいます。

これは自分が出品する場合も同様で、商品を出品したらすぐに買い手が付くとは限らないため、なかなか買い手がつかずに、現金化が遅くなってしまうということもあります。

そのため、メルカリでの現金化は急いでいる時には向いていないので注意しましょう。

手間がかかる

メルカリではどんな商品を出品しても買い手が付くというわけではありません。

特に高い換金率で現金化をしようと思うと、できるだけ需要が高いものを考えて出品する必要があります。

そのため現金化をするのに手間がかかってしまいます。

これは自分が賞品を購入して現金化する時も同様です。

メルカリにはリサイクルショップなどでは買い取ってもらうのが難しいようなものも出品されています。

そのため、どんなものならばリサイクルショップで高く買い取ってもらえるかを調べなければいけません。

そのためメルカリでの現金化は手軽に利用したいという人にはあまり向いていないので注意しましょう。

「メルカリを利用してクレジットカード現金化をする方法・メリット・デメリット」のまとめ

メルカリでクレジットカードの現金化が可能ということは、他の方法と比較するとあまり知られていません。

そのため、ライバルが少ない今ならばより効率的に現金化を行うことができる可能性は十分にあります。

メルカリでの現金化は自由に金額を決めることができたり、他の方法では現金にすることができないようなものまで利用することができるということで、自由度の高い現金化を求めている人には非常におすすめな方法です。

ですがその一方で手間や時間がかかり、トラブルの可能性があるということも理解しておかないと、後悔してしまう可能性もあります。

メルカリでの現金化に興味がある人は、より自由度の高い現金化をしたいという人は、ぜひメルカリを利用してクレジットカードを現金化してみてください。