仮想通貨を売買してクレジットカード現金化する方法・メリット・注意点

仮想通貨を売買してクレジットカード現金化する方法・メリット・注意点

急に現金が必要になった時などの金策の方法の1つであるクレジットカードの現金化ですが、一般的には専門の業者を行って現金化を行うのが一般的です。

しかし、クレジットカードの現金化の方法は、専門の業者を使わず行える方法もあります。

その方法の1つが、仮想通貨の売買を利用してクレジットカードの現金化を行う方法です。

では、どのように仮想通貨の売買でクレジットカードの現金化を行えるのでしょうか。

今回は、仮想通貨の売買を利用してクレジットカードを現金化する方法やメリット、注意点などについて詳しく紹介していきます。

仮想通貨を売買してクレジットカード現金化する方法

仮想通貨を売買してクレジットカード現金化する方法

ビットコインの価格暴騰から一時期すごく話題になっていた仮想通貨ですが、仮想通貨を上手く活用すれば業者を利用しなくてもクレジットカードの現金化を行えます。

まずは、仮想通貨の売買を利用してクレジットカードの現金化を行う流れを紹介していきます。

仮想通貨取引用の口座を用意する

仮想通貨の売買でクレジットカードの現金化を行いたい場合、まずは仮想通貨取引所の口座を作る必要があります。

安全性の高い仮想通貨の取引所であればどこでも大丈夫ですが、必ずクレジット決済ができるか確認が必要です。

また、口座の開設には本人確認が必要なので、運転免許証やパスポートなどの身分証を用意しておくとスムーズに口座の開設ができます。

本人確認が完了すれば口座の開設は完了し、仮想通貨の売買が行えるようになります。

クレジットカードを使って仮想通貨を購入

口座の開設が完了したら、クレジットカードを使って仮想通貨の購入を行います。

この時に購入する仮想通貨は基本的にどれでも大丈夫ですが、仮想通貨は日々価値が変動します。

そのため、できれば購入する仮想通貨は価値の安定している仮想通貨が望ましいです。

なので、クレジットカードの現金化を仮想通貨の売買で行う場合は、ビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュなどが無難です。

程よいタイミングで仮想通貨を売却して換金

仮想通貨をクレジットカードを使って購入したら、程よいタイミングで仮想通貨の売却を行って換金を行います。

まずは、仮想通貨の取引所で購入した仮想通貨を売却して円にかえます。

そして、日本円にかえたら自分の持っている現行口座へ残高の出金手続きを行い、口座への入金が完了すれば現金化は完了です。

仮想通貨を売買してクレジットカード現金化するメリット

仮想通貨を売買してクレジットカード現金化するメリット

仮想通貨の売買を行うため取引所の口座の解説が必要ですが、クレジットカードの現金化を仮想通貨の売買を利用して行うのにどういったメリットがあるのでしょうか。

続いては、仮想通貨の売買でクレジットカードの現金化を行うメリットについて紹介していきます。

インターネット上ですべてが完結する

仮想通貨の売買を利用してクレジットカードの現金化を行うメリット1つ目は、インターネット上ですべてが完結するということです。

現金化の方法によっては直接店舗に出向いたり、電話での対応があったりしますが、仮想通貨を利用した現金化は取引所の口座さえ持っていればインターネット上ですべてが完結します。

なので、忙しい人でも気軽に利用しやすい現金化の方法となっています。

換金率が高くなりやすい

インターネット上ですべて完結するだけではなく、現金化時の換金率が高くなりやすいのも仮想通貨の売買を活用したクレジットカードの現金化のメリットです。

通常、業者に依頼してクレジットカードの現金化を行う場合、さまざまな手数料がかかって最終的に換金率は80%~70%程度になることが多いです。

しかし、仮想通貨を使った現金化の場合は手数料がそこまでかからないので、上手く換金を行えば換金率90%を上回ることもあります。

また、購入した仮想通貨の価値が購入時よりも上がれば、換金率は100%を超える場合もあります。

仮想通貨取引所の口座があればだれでも現金化ができる

仮想通貨の売買でクレジットカードの現金化を行うメリットはまだまだありますが、そのうちの1つが仮想通貨取引所の口座さえ持っていれば誰でもクレジットカードの現金化を好きなタイミングで行えるということです。

業者に依頼して現金化する場合は業者の営業時間に気を付ける必要がありますが、仮想通貨の取引で現金化を行うときは取引所が動いていれば自分の好きなタイミングで現金化を行えます。

仮想通貨を売買してクレジットカード現金化する注意点

仮想通貨を売買してクレジットカード現金化する注意点

仮想通貨の売買を活用してクレジットカードの現金化をするメリットを3つ紹介しましたが、メリットがあればデメリットや注意するべきポイントもあります。

続いては、仮想通貨の売買を活用してクレジットカードの現金化を行うときの注意点を紹介していきます。

暴落するリスクがある

仮想通貨の売買を利用した現金化は自分の好きなタイミングで行えるメリットがありますが、購入した仮想通貨の価値が暴落するリスクがあります。

ビットコインを始めとする一部の仮想通貨は決済手段として使われていることもありますが、多くの仮想通貨が投資目的で購入されることが多いです。

そのため、仮想通貨の市場の状況によっては通貨の価値が乱高下することもあり、プラスになることもありますが、逆に購入した仮想通貨の価値が暴落して現金化を行う意味がなくなってしまうということも考えられます。

そのため、購入する仮想通貨の見極めが非常に重要です。

現金として手元へ来るまでに時間がかかる

暴落するリスクだけではなく、現金として手元へ来るまでに時間がかかることも注意点の1つです。

専門の業者を利用すれば最短でその日のうちに現金化を行えますが、仮想通貨取引の場合は取引所の口座から銀行口座へ出金するのに時間がかかることが多く、最短でも2日から3日かかることも多いです。

また、利用する取引所によってはクレジットカードで仮想通貨を購入した場合、1週間程度売却したり他の取引所の口座へ移したりといったことができないことが多く、すぐに現金が欲しいという人には向いていません。

海外と国内の取引所の口座を用意する必要がある

仮想通貨の売買をして現金化を行うときの注意点3つ目は、海外と国内の取引所の口座を用意しないといけないということです。

日本国内にもいくつか仮想通貨の取引所はありますが、ほとんどの取引所がクレジットカードでの仮想通貨購入ができなくなりました。

クレジットカードでの仮想通貨の購入につきましては現在停止しております。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。

出典:Coincheck

また、クレジットカードの使える海外の取引所のほとんどは日本円に売却したり、日本の銀行口座へ出金したりできる取引所がありません。

なので、海外の取引所で仮想通貨を購入し、日本の取引所で売却して出金の手続きをする必要があるため、海外と国内の取引所の口座が必要になってきます。

「仮想通貨を売買してクレジットカード現金化する方法・メリット・注意点」のまとめ

今回は、仮想通貨取引を利用したクレジットカード現金化の流れとメリット、注意点を紹介してきました。

仮想通貨取引で現金化を行うことによって自分の好きなタイミングで現金化を行え、場合によっては業者に頼むよりもいい条件で現金化できることもあります。

しかし、すべて自分自身で手続きをしないといけないだけではなく、仮想通貨の市場の状況によっては購入した仮想通貨が暴落して現金化どころではなくなってしまう可能性も十分あります。

そういったメリットやデメリットを十分理解した上で、仮想通貨の売買を活用したクレジットカードの現金化を行っていくことが大切です。