家電を売買してクレジットカード現金化する方法・メリット・注意点を解説!

家電を売買してクレジットカード現金化する方法・メリット・注意点を解説!

お金が必要なのに手元にはクレジットカードしかないという人におすすめなのがクレジットカード現金化です。

クレジットカードさえあれば現金を手にすることができるので、利用を考えたことがある人も多いのではないでしょうか。

ですがそんな現金化の方法は数多くあり、それぞれメリットや注意点なども違います。

そのためどの方法が向いているかは、その人が求めている条件などによって変わってきます。

そこで今回は数ある現金化の方法の中から、家電を売却してクレジットカードを現金化する方法について紹介していきます。

家電を売買してクレジットカード現金化する方法

家電を売買してクレジットカード現金化する方法

家電を買い取ってもらうことでクレジットカードを現金化したいという人の中には、その方法がわからないという人もいるかもしれません。

そこでまずは家電を使った現金化の手順を3つの段階に分けて紹介していきます。

STEP1.クレジットカードで家電を購入する

家電を売却することで現金化を行いたい場合は、まず最初にクレジットカードで買い取ってもらう家電を購入しなければいけません。

この支払いを現金化に利用したいクレジットカードで行うことで、クレジットカード現金化が可能になります。

家電を購入する方法は家電量販店で購入する方法と、ネット上にあるショッピングサイトで購入する方法の2種類があります。

家電量販店で購入する場合は、その場ですぐに商品を受け取ることができるのでスピーディーな現金化が可能です。

その一方でショッピングサイトの場合は家電の種類が豊富なのでより自由に選ぶことができます。

自分に合った方法で購入するようにしましょう。

STEP2.購入した家電を買取店舗に持ち込む

家電をクレジットカードで購入することができたら、購入した家電を買取業者に持ち込みましょう。

持ち込み先はリサイクルショップなどが一般的ですが、クレジットカード現金化業者の中にはカードで購入した家電を買い取っているものもあるので、そのような業者を利用することもできます。

なお同じ商品であっても業者によって買取価格は異なるので、より高額での買取をしてもらいたい場合は、複数の業者を比較することをおすすめします。

STEP3.現金を受け取る

査定が完了し、その結果に納得することができたら現金を受け取ることになります。

持込の場合はその場で現金を受け取ることができるので、急いでいるという時にも安心して利用することができます。

またネット上にある業者に家電を買い取ってもらった場合には、現金は振込で受け取ることになります。

この場合、業者や振込先に指定した銀行によって、何時まで振込をしてもらうことができるかが変わってきます。

そのためできるだけ早く現金を受け取りたい場合には、買取店舗に持ち込むのがおすすめです。

家電を売買してクレジットカード現金化するメリット

家電を売買してクレジットカード現金化するメリット

家電を使ったクレジットカードの現金化は、特別難しい手順は無く、買い物をしてリサイクルショップなどに持ち込むことで簡単に行うことができます。

ではそんな家電での現金化にはどんなメリットがあるのでしょうか。

ここからは家電を使ったクレジットカード現金化のメリットを紹介していきます。

換金率が高い商品が多い

家電を使ってクレジットカードの現金化を行うと、他の方法に比べてより高い換金率で現金化を行うことが可能です。

リサイクルショップなどで買い取ってもらうことができる商品の中でも家電は高い換金率が適用されることが多く、またブランド品のように高額すぎるというわけでもないので、誰でも高換金率で気軽に現金化をすることができます。

そのため少額の現金化から利用することができ、また高い換金率で現金化をしたいという人にもおすすめの方法なのです。

持ち込みでの買取が可能なのですぐに現金を受け取れる

家電を使ったクレジットカード現金化では、リサイクルショップなどの店舗に持ち込むという場合が多いです。

そのためリサイクルショップなどの買取店舗の営業時間内であれば自分の好きなタイミングで現金化をすることができます。

また持ち込めばその場で査定が行われ、すぐに現金を受け取ることができます。

そのため現金化までに時間がかからず、スピーディーな現金化が可能となっています。

急いで現金を準備したいという人でも利用しやすくなっています。

安く購入することができれば換金率が高くなる

家電は、家電量販店やネットショッピングなど様々な方法で購入することができます。

そしてそれぞれで価格が異なるため、上手く探すことができれば同じ家電でもより安く購入することができる可能性があります。

そして購入した時の値段に関わらず同じ商品であれば同じ価格で買い取ってもらうことができるため、安く購入することができればより高い換金率で現金化を行うことができるようになるのです。

購入先によっては家電が手元に届くまで時間がかかってしまうこともありますが、より現金化の自由度が高くなります。

家電を売買してクレジットカード現金化する注意点

家電を売買してクレジットカード現金化する注意点

これまでに紹介してきたように家電を使った現金化は難しい手順は無く、様々なメリットを享受することができます。

ですが、その一方で注意しなければいけない点もいくつかあります。

家電で現金化をする時には、注意点も確認しておきましょう。

買取価格の変動が激しい

家電は頻繁に新しいものが発売されているため、どんどん価値が変わっていきます。

そのため買い取ってもらった家電と同じものを買い取ってもらったとしても、必ずしも同じ価格で買取をしてもらえるとは限りません。

また発売されてから時間が経つにつれて買取価格はどんどん下がっていってしまいます。

そのため高額での買取をするためには、常に新しいものを購入していかなければいけません。

そのため高い換金率で買い取ってもらうためには、家電に関する最新の知識を身に付けておく必要があるのです。

カード会社にばれるリスクがある

クレジットカードの現金化は、カード会社の利用規約で禁止されている行為です。

そのためカード会社はクレジットカードが現金化に利用されていないかを監視しています。

そしてその監視が最も厳しくなっているのが、換金性の高い商品を購入する時です。

家電はこの換金性が高い商品として扱われているため、頻繁に家電を購入していると現金化を疑われてしまうリスクが高くなってしまいます。

特に同じ家電を何度も購入している場合には疑われやすいです。

そのため家電で現金化をする場合には、現金化がばれてしまうリスクが高いことも理解しておきましょう。

買取に時間がかかることがある

家電は、家電量販店やネットショップなど様々な方法で購入することができます。

特にネットショップではより多くの家電を扱っているため、店舗で購入するよりも購入できる家電の種類が多く、自分が現金化に利用したいものを見つけやすくなっています。

ですがネットショップで家電を購入してしまうと、自宅に家電が届くまでに時間がかかってしまうため、現金化に時間がかかってしまいます。

店舗で購入する場合はすぐに現金化をすることができますが、自分が買い取ってもらいたい家電が必ずあるとは限らないのでこちらも注意が必要です。

「家電を売買してクレジットカード現金化する方法・メリット・注意点を解説!」のまとめ

クレジットカードの現金化は様々な方法で行うことができますが、家電を売買する方法はその中でも高い換金率に期待することができ、かつ気軽に利用することができるということで非常に便利な方法です。

自分で買い取ってもらう家電を自由に選ぶことができるので、自分が必要としている金額に合わせて現金化をすることができるため、自由度が高い方法でもあります。

ですが、カード利用停止のリスクが高い事や買取価格の変動が激しいという注意点もあるため、正しい知識を持って現金化を利用しなければいけません。

高換金率での現金化を希望するという方は、ぜひ家電を売買しての現金化を検討してみてください。