クレジットカード現金化をしたことで一括請求はあり得る?対処法など

クレジットカード現金化をしたことで一括請求はあり得る?対処法など

じっとカードの現金化は法律違反ではありませんが、クレジットカード会社が定める利用規約に違反する可能性が十分に考えられます。

もしクレジットカードの現金化がカード会社にばれてしまった場合、それなりのペナルティーが課されるでしょう。

カード会社から課されるペナルティとしてよく言われるのは、未返済の利用金額の一括返済です。

果たしてその様なことはあるのでしょうか?

そしてもし、その様な処分をくらってしまった場合、どの様に対応したら良いのでしょうか?

現金化をすることで一括請求されてしまうことはあり得るのか?

現金化をすることで一括請求されてしまうことはあり得るのか?

大前提として、クレジットカードの現金化カード会社にばれてしまった場合、「ペナルティーとして未払い金額の一括請求がをされることがあるのか?」ということを見ていきましょう。

インターネットの口コミなどを見てみると、一括請求されたと言う人がいるようですが、本当にそのようなことがあるのでしょうか?

ピンチ一括請求は有り得る!

結論から言ってしまうと、クレジットカードの現金化がカード会社にばれてしまった場合の一括請求は十分に有り得ます。

クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の規約に違反する行為ですので、もしもそれが発覚した場合、利用停止や解約されてしまうことがあります。

また、解約される際は、これまで利用した分のお金の一括返済を求められる可能性もあります。

出典:JCBカード

クレジットカードの利用規約には、一括請求もあり得る旨の記載がされていますし、実際に一括請求をされた人も実際にたくさん存在します。

ですから、一括請求は都市伝説だと高を括ることなく、もしカード会社にばれてしまえば十分に可能性があると覚悟しておくことが必要でしょう。

さて、もし一括請求されてしまうとどんなリスクがあるのでしょうか?

一括請求されるとどんなリスクがある?

月請求された場合、もし自分で払える範囲内の金額であればそれほど問題は無いかもしれません。

しかし、もし自分の返済能力を超えていた場合、給料や銀行の口座が差し押さえられてしまう可能性が十分に考えられます。

そうすると借金をしていることが家族や会社の人にばれてしまう可能性もありますし、クレジットカードの不正利用をしたこともバレてしまうかもしれません。

一般的にクレジットカードの現金化を行う人は、それほど金銭的に余裕があるわけではないと思いますから、給料や銀行口座の差し押さえは十分に有りうることでしょう。

最悪自己破産も・・・

銀行口座の差し押さえ、給料の差し押さえでも足りなかった場合には、最悪の場合自己破産と言うことになってしまいます。

銀行や金融機関を使って融資を受けていればそのようなことにならなかったにもかかわらず、クレジットカードの現金化をしてしまったがために自己破産になってしまうと言うのはあまりにも馬鹿げています。

このようなことにならないように、一括請求は絶対に避けたいものですが、すでに一括請求をくらってしまった場合にはどうしたら良いのでしょうか?

ここからは、もしクレジットカードの一括請求をされてしまったときの対処法について見ていきたいと思います。

カード会社が一括請求をする理由やされてしまった時の対処法

カード会社が一括請求をする理由やされてしまった時の対処法

カード会社により未払い代金の一括請求をされてしまって、それをすぐに支払うだけの能力がなかった場合、銀行口座や給料の差し押さえ、はたまた自己破産に追い込まれてしまうことは十分に有ります。

なんとかそうならないために何かできることはないのでしょうか?

ここからは、もしクレジットカード会社から一括請求されたときにできることについて紹介します。

とにかく誠意を見せる

クレジットカードの現金化がばれてしまい、一括請求処分となってしまったときには、まずはクレジットカード会社に謝罪の連絡を入れます。

とにかくこちらの誠意を見せて、きちんと支払う意思を示すことが大切なのです。

クレジットカード会社とこれまで良い付き合いをしていたのであれば、もしかしたら多少の情状酌量の余地があるかもしれません。

最悪なのは、バレてしまったからといって放置することです。

弁護士に相談する

もし、クレジット会社にきちんと支払う意思を見せたにもかかわらず情状酌量の余地がなく一括返済を求められた場合は、弁護士に相談することをお勧めします。

私たちはお金に関してはプロフェッショナルではありませんから、クレジットカード会社と話し合っても勝てるはずがありません。

お互いに納得できる落としどころを見つけることができるのは、法律のプロである弁護士だけでしょう。

と言うことで、もしクレジットカード会社との交渉にこじれてしまった場合には、弁護士さんに相談します。

きっと良い解決方法を提案してくれることでしょう。

融資してくれる金融機関を探す

最悪のパターンを想定して、融資をしてくれる金融機関を探しておくことも大切です。

弁護士に頼んだからといって、必ずしも解決できるというわけではないからです。

融資可能な金融機関を早めに探して融資の依頼をしておけば、クレジットカードの一括返済に落ち着いて対応することができるでしょう。

銀行だけではなく消費者金融などを探せば融資してくれるところは見つかるはずです。

「クレジットカード現金化をしたことで一括請求はあり得る?対処法など」のまとめ

クレジットカードの現金化がクレジットカード会社にばれてしまったときのペナルティーとして、未返済の金額の一括返済があると言われています。

果たして本当にその様な処分を食らってしまうことがあるのでしょうか?

もし一括返済の処分を課されたときには、どのように対応すればよいのでしょうか。

この記事では、クレジットカードの現金化がバレてしまった場合、一括返済の処分が傘れることがあるのか?そしてもしそうなってしまった時にはどうすれば良いのか?ということについて詳しく解説します。

もしあなたがクレジットカードの現金化に興味があるなら、知っておいて損はない知識です。