クレジットカード現金化をする際に必要な書類と現金化できないケース

クレジットカード現金化をする際に必要な書類と現金化できないケース

お金がなくて困っているときに役立つのが“クレジットカード現金化”です。

借入やキャッシングのように審査がなく在籍確認もないので職場などの周りの人にバレることもなく、クレジットカードを持っていてショッピング枠に空きがあれば誰でも利用できます。

今回はクレジットカード現金化を行う際に必要な書類と現金化できないケースについて解説します。

これから利用しようと検討している方にも、分かりやすくまとめているので是非最後まで読んでくださいね。

クレジットカード現金化を業者でする際に必要な書類

クレジットカードの現金化は誰でも利用できると聞いたけれど提出したり必要な書類はあるの?と気になりますよね。

どんな書類を何のために必要になるのか詳しく見ていきましょう!

必ず必要なのは身分証明書

クレジットカードが本人名義で間違いないか判断するためにも身分証明書が必要になります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 年金手帳

などの身元がわかる書類があれば大丈夫です。

店頭での申し込みならばその場で見せるだけですし、ネットでの申し込みでも身分証明書を写メで添付するだけと簡単な作業です。

一般的な本人確認と同じく、免許証など顔写真入りの身分証明書の方がスムーズに手続きが進むのでおすすめです。

(顔写真入りでない場合は2点提出を求められることもありますが、こちらも一般的な本人確認と同様ですね)

住所変更などをしていて裏面にも記載がある場合はそちらも提出してくださいね。

身分証明書と自分が一緒に写った写メの提出

クレジットカード現金化サービスを行う業者の中にはネット申し込みの場合、身分証明書と自分が一緒に写った写メの提出を求められることがあります。

来店しての手続きであれば身分証明書の顔写真と本人が一致するかスタッフが判断できますが、ネット申し込みの場合は判断できませんよね。

なので、顔写真入りの身分証明書と一緒に写った写メの提出が必要になります。

このとき、明るい部屋ではっきり顔が分かるように写メを撮ることが大切です。

なぜなら、本人確認に時間がかかるとその後の手続きへ影響して入金までの時間がどんどんかかってしまうからです。

提出書類は身分証明書だけ!

クレジットカード現金化を行うにあたり選んだ業者によって多少の違いはありますが、ほとんどが必要な書類は身分証明書の提出のみです。

身分証明書なら誰でも必ず持っているし簡単に提出できますよね。

とはいえ、「身分証明書を提出して悪用されないかな?」と不安もあるかと思います。

その時は利用しようとしている業者が安心できるか口コミや会社概要の情報量などで判断してくださいね。

口コミが少ない、評判が悪い所は避け流用にしましょう。

現金化ができないケースもあるので要注意!他人名義のカードや未成年の人など

誰でも審査なしで利用できるクレジットカード現金化ですが、中には残念ながら利用できないケースもあります。

どんなケースが利用できないのか3つお伝えしますね。

クレジットカードが他人名義の場合

これは普段のお買い物などでも当てはまりますが、クレジットカードの裏面に名前を記入した名義人本人でないと使用できません。

例え夫婦、家族でも他人名義のクレジットカードの使用は違法なので気を付けましょう。

「クレジットカードを持っていないから友人のを借りて申し込みたい。」「夫名義だけど代わりに申し込みたい。」ということはできないのでご注意くださいね。

他人名義のクレジットカードで申し込みをしても本人確認書類の提出で引っかかりますので、申し込みは必ず自分名義のクレジットカードを用意して行いましょう。

クレジットカードのショッピング枠が空いていないと利用できない

クレジットカード現金化は商品を購入した特典として現金を受け取るキャッシュバック方式と、購入した商品を買い取ってもらい現金を手にする買取式の2パターンあります。

どちらにしても「クレジットカードにて決済する」ことが重要なのでショッピング枠がいっぱいで使用できないと残念ながら現金化することはできません。

申し込みの前にショッピング枠があるかどうか確認してくださいね。

カード会社に電話にて問い合わせるかネットで明細を見れば簡単に確認することができますよ。

未成年は利用できない

「18歳以上で本人名義のクレジットカードを持っていればできるんじゃないの?」

確かに本人名義であれば出来そうですよね。

しかし、未成年が持てるクレジットカードの多くは決済時に口座から引かれるデビットカードや学生カードがほとんどです。

ショッピング枠があっても低く設定されていたり、支払い能力などを考慮して未成年は利用できないケースが多いです。

また、古物買い取りは成人であることを確認しないといけないと決まりがあるので未成年の申し込みを受けるクレジットカード現金化業社は少ないです。

「クレジットカード現金化をする際に必要な書類と現金化できないケース」のまとめ

「お金を用意しないといけない」「今月の支払いがピンチ!」とお金の困ったに便利なクレジットカード現金化ですが、必要書類は何か・利用できないケースについて解説してみました。

正しい知識を持って利用するようにしましょうね!

借入やキャッシングよりも低金利で信用情報にも載らず利用しやすいサービスですが、支払い予定も頭に入れて計画的な利用をしましょうね。

無理な返済プランを組んでしまってカード支払い日に辛い思いをした、支払いができないと滞納するとクレジットカード停止や解約になることもあるので無理のない利用がおすすめです。