現金化は法律的にはOKだが規約に反する危険性あり!カード停止を避ける方法は?

現金化は法律的にはOKだが規約に反する危険性あり!カード停止を避ける方法は?

手軽に現金を手にする方法として人気のあるクレジットカードの現金化ですが、実行するにあたり気をつけなければいけないポイントがあります。

確かにクレジットカードの現金化を取締る法律は無いのですが、クレジットカード会社が規定する規約に違反する危険性があるのです。

この記事では、クレジットカードの現金化によってカードの利用停止処分を避ける方法について紹介したいと思います。

正しい知識を身に付けておけば、実行するにせよしないにせよ、ビクビクしながら生活することはなくなるでしょう。

クレジットカード現金化は法律的には大丈夫!その理由など

まず、クレジットカードの現金化が法的に問題がないと言う理由から紹介したいと思います。

どうして「クレジットカードの現金化は法律違反ではない」といいきることができるのでしょうか?

現金化のステップから紐解いて見ていきましょう。

クレジットカードを使って商品を購入する

クレジットカードの現金化は、クレジットカードを利用して商品を購入することからスタートします。

現金化するにあたり当然換金率の高い商品を購入するわけですが、これ自体は全く法律的に問題のないことです。

クレジットカードの現金化では、新幹線の回数券やAmazonギフト券等の金券がよく用いられますが、これらをクレジットカード決済によって購入することはごくごく正当な行為ですよね。

まずはここまでのステップで、全く法律的に違法性がないことがわかっていただけると思います。

購入した商品を売却する

クレジットカードの現金化では、クレジットカード決済により購入した商品を売却することで現金を手に入れます。

いちど自分が購入した商品を売却しても、当然何の問題もありません。

最近ではマスクの転売等が大きな社会問題となっていて、逮捕された人も出たようですが、それは転売を目的とした買い占めと、不当に高い値段での売却が問題になっていただけで、売却した行為自体が問題があるわけではありません。

買取ショップが買い取ってくれる値段で売却するわけですから、法律に違反するわけはありませんね。

ここまでのステップを見てみても、クレジットカードの現金化には法律的に全く問題のない行為だということがわかっていただけるでしょう。

クレジットカードの現金化は法的に全く問題がない

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードを利用してとある商品を決済しそれを買取店で買い取ってもらう。

クレジットカードの現金化ですが、先ほど解説したしくみを見ただけでも、正当な手法ではないという印象を受けたのではないでしょうか。

しかし、これらの現金化に関しては、明確な法律違反とはなっていないのが現状です。

なぜなら、買取式であれキャッシュバック式であれ、行為そのものはただ買い物をし、不要な物を売っただけ、キャッシュバックを受けただけ、という体裁ができているからです。

出典:JCBカード

シンプルに説明してしまえばたったこれだけのことです。

自分が欲しいものを購入し、やっぱり不要だと思ったから売却した、こうやって説明してしまえば、何の問題もないことは明らかでしょう。

条例で禁止されている行為でもないですし、逮捕された前例もありません。

法律で取り締まるような理由が全くないわけです。

カード会社の利用規約には違反する危険性がある

法律的には全く問題がないクレジットカードの現金化ですが、どうして問題があるのでしょうか?

ここからは、クレジットカードの現金化が問題視される理由について詳しく解説していきたいと思います。

法律では禁止されていなくても、こんな事情があって問題視されているのです。

利用規約にて禁止されている

ほとんどのクレジットカード会社は、クレジットカード現金化を禁止しています。

「クレジットカード現金化が禁止」と記載されているわけではありませんが、「現金化を目的としたクレジットカードの利用は禁止」の旨が記載されていることがほとんどです。

これはつまりクレジットカードの現金化を禁止していることですから、現金化を実行すると利用規約に抵触するというわけです。

カードを申し込むにあたり、必ず利用規約が記載された紙に直筆でサインを行っているはずですから、これは「利用規約を守ってカードを利用します」と約束していることになります。

クレジットカード現金化をすると、その約束を反故にしたことになってしまうのです。

どうして禁止されているのか?

ところで、なぜクレジットカードの現金化は禁止されているのでしょうか?

これはクレジットカードの現金化を行ったときに発生する金利(手数料)に理由があるようです。

クレジットカードの現金化を行う場合、金券などを購入して売却するわけですが、当然、購入した値段で売却できるわけではありませんよね。

1割から2割程度の手数料が徴収されてしまいます。

お金を貸す業者には、年間で徴収して良い金利の上限がおよそ「年間20%まで」と決められていますが、クレジットカードの現金化による手数料を年間の金利で計算した場合、凄まじい金利になるのです。

例えば現金化に2日必要としても、2日で10%の金利は明らかに高すぎる

こういった理由により、現金化を目的としたクレジットカードの利用は禁止されているのです。

クレジットカード現金化にはどんなペナルティがあるの?

で、利用規約に禁止されているクレジットカードの現金化を行ってもしばれてしまった場合には、どんなペナルティーが課されるのでしょうか?

まずクレジットカードの利用停止処分は免れないでしょう。

今持っているクレジットカードが使えなくなってしまうと言うわけです。

カードが使えなくなってしまうだけなら、まだましかもしれません。

悪質な行為だとみなされてしまった場合、クレジットカードを利用して購入した代金を全て、今すぐに返済するように求められるのです。

突然、「お金を全額支払え」と言われても困ってしまいますね。

現金化業者を利用すればカード停止の恐れはほとんどない!

法律により禁止されているわけではないクレジットカードの現金化ですが、それなりにリスクがあることがわかっていただけたと思います。

その上で安心してクレジットカードの現金化を行うためには、どのようにしたらよいのでしょうか?

それはクレジットカード現金化業者を利用することです。

クレジットカード現金化の専門業社を利用するメリットについて見ていきましょう。

安全に換金できる

クレジットカード会社は、現金化を行うことがないように常に監視を行っています。

少しでも怪しいと思われてしまったら最後、徹底的に調査を行われてばれてしまうのです。

クレジットカードの現金化業者であれば、クレジットカード会社にバレないように現金化を行うためのノウハウをたくさん身に付けています。

どのように行えば安心してできる日を全て免除してくれますから、安心してできると言うわけです。

カードの利用停止や一括返済に関わるリスクを考えると、安心して換金できた方が良いのは間違いないですね。

換金率が高い

クレジットカード現金化業者を利用して現金化を行うと、高い還元率で換金してもらうことができます。

もし自分でクレジットカードの現金化を行うとすると、どの商品が高く買ってもらえるかをじっくりと調べてから行わなければならず、時間がかかってしまいます。

一方、クレジットカード現金化業者を利用すれば、購入すれば良い商品を向こうが教えてくれますからとっても簡単です。

簡単に還元率が高い商品を教えてくれるわけですから、クレジットカード現金化業者を利用しない手はありません。

いつでも対応してくれる業者が多い

クレジットカード現金化業者はたくさんありますが、最近では24時間365日受付をしてくれるところが増えています。

お金が必要になるのはいつも急ですから、現金が必要になったときにすぐに対応してくれると言うのはとても頼もしい存在です。

もし自分でクレジットカードを現金化を行おうとすると、そういうわけにはいきませんよね。

申し込みから現金が振り込まれるまで30分と言う業者もたくさんありますから、自分で現金化を行うよりも圧倒的に速いスピードで現金を手に入れることができるのです。

「現金化は法律的にはOKだが規約に反する危険性あり!カード停止を避ける方法は?」のまとめ

クレジットカードの現金化は法律違反ではありませんが、クレジットカードの利用規約に違反する可能性があるため実行するには注意が必要です。

クレジットカードの現金化の作業自体はそれほど特殊な行為ではありませんから、自分で全ての手続きを完了させることも不可能ではありません。

しかし安心・安全、そして高い換金率で確実にクレジットカードの現金化を行うのであれば、専門のクレジットカード現金化業者を利用することを強くお勧めしたいと思います。

もしクレジットカード現金化業者を利用すれば、とても簡単に、そしてスピーディーに現金を手に入れることができるでしょう。