クレジットカード現金化をして疑われた際の対処法|言い訳を考えておく

クレジットカード現金化をして疑われた際の対処法|言い訳を考えておく

クレジットカード現金化は便利なだけでなく、カード会社によってカードが利用停止にされてしまうというリスクがあります。

ではなぜカード会社はクレジットカード現金化を行ったことがわかるのでしょうか?

また、カード会社に疑われてしまった場合にはどうすればよいのでしょうか。

今回は、クレジットカード現金化をしてカード会社に疑われてしまった時の対処法を紹介します。

クレジットカード現金化をカード会社に疑われる主な理由3選

クレジットカードの現金化をカード会社に疑われてしまう人には、いくつかの共通点があります。

クレジットカードの現金化を行う前にそれらについて知っておくことで、疑われるリスクを下げたり対策を練ることができるでしょう。

ただし、これ以外にも疑われる理由はあると思うのであしからず。

そこでまずは、クレジットカード現金化をカード会社が疑う理由を紹介していきます。

キャッシング枠ぎりぎりまで買い物をしている

カード会社は、不正利用検知システムによってカードの利用情報を24時間365日体制で監視しています。

その中でキャッシング枠をたくさん使っていたり、使い切ってしまうような人は特に監視されています。

毎月キャッシング枠ぎりぎりまで買い物をしていたり、急にキャッシング枠を使い切るようになった場合は、現金化のためにクレジットカードで買い物をしているのではないかと疑われてしまいます。

そのためキャッシング枠をぎりぎりまで使い続けている人は、現金化をしていなくてもシステムに引っかかってしまうこともあります。

換金性の高い商品を頻繁に買っている

クレジットカードで購入できる商品には様々なものがありますが、それぞれ換金率が違います。

クレジットカードで換金性が高い商品を頻繁に購入している場合、カード会社に目をつけられてしまい、現金化が疑われてしまいます。

換金性の高い商品としては、新幹線の回数券やブランド品などが当たります。

特に新幹線の回数券は、同じものを短期間に何度も購入してしまうと、購入頻度がおかしいということで、現金化が疑われやすいです。

支払いの遅延がある人

クレジットカードの毎月の支払いが遅延してしまっている人の場合、カード会社に目をつけられてしまいます。

特にそれが毎月続いていたり、限度額ぎりぎりまで使って支払いができないという場合には、カードの現金化が疑われやすいです。

支払いができない人は、お金を持っていない人と判断されてしまいます。

そんな人がクレジットカードで高額な買い物などをすると、現金化をするために購入したのではないかと疑われてしまうのです。

クレジットカード現金化を疑われた際の対策(良い訳)

カード会社からクレジットカードの現金化を行っていると疑われた場合、カードの利用が一時的に止められたり、電話での確認が行われます。

そこで現金化を行っていることがばれてしまうと、カードが利用停止になってしまったり、強制退会になることもあります。

では、クレジットカードの現金化を疑われてしまった時には、どのように言い訳すればよいのでしょうか。

その時の対策を紹介します。

現金化していることは認めない

カード会社がクレジットカード現金化を行っていると疑っている場合は、あくまで疑いであって、現金化を行っていると確信しているわけではありません。

現金化を行ったかどうかについては本人にしかわかりません。

そのためカード会社から確認の電話がかかってきた際には、現金化目的で購入していないという態度をとりましょう。

現金化をしていないかなどを聞かれた際には、語気を荒げたり、強い物言いをすると疑われてしまうので、普段通りの対応を心掛けましょう。

カード会社からの電話には必ず応対する

クレジットカードの現金化が疑われた場合、必ずカード会社から連絡が来ます。

その時には必ず応対するようにしましょう。

やましいことがある場合、電話などがかかってきても応対したくないと思うものです。

ですが電話を無視してしまうと、カード会社は疑いをより強くしてしまいます。

カード会社は不正利用などがないかを確認するために電話をかけてきているので、きちんと応対して不正利用がないことを伝えましょう。

その際には自分から不正利用に関することを伝えたりせずに、カード会社側からの質問に答えるようにしましょう。

購入理由などをきちんと考えておく

カード会社がクレジットカードの現金化を疑っている場合、商品の購入理由などを聞かれます。

そのためなぜ購入したかを考えておきましょう。

プレゼントのためや自分で使用するなど、自然な購入理由を伝えれば、カード会社はそれ以上を疑うことができなくなってしまいます。

また電話ではその商品についても聞かれることがあります。

そのため現金化目的で商品を購入した場合は、いつどんなものを購入したのかをきちんと把握しておくようにしましょう。

クレジットカード現金化をするなら程々に!

クレジットカード現金化は便利な方法ですが、リスクがある現金の入手手段でもあります。

カード会社に現金化を疑われてしまった時にはうまく対応しないと、カードの利用停止などピンチに追い込まれてしまう可能性もあります。

お金に困っている人の場合、クレジットカードが利用できなくなると生活が苦しくなるということもあります。

また、もしカード会社に現金化が疑われてしまった場合は、その時は大丈夫だったとしても疑惑が完全に晴れたわけではなく、その後も監視されてしまいます。

そのため一度疑われた場合は現金化をしばらく控えることをおすすめします。

クレジットカードの現金化が疑われた時のことまで踏まえて現金化を利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です