現金化業者・闇金・消費者金融のそれぞれの特徴と違いを解説!

現金化業者・闇金・消費者金融のそれぞれの特徴と違いを解説!

クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者は、消費者金融とは異なり審査無しで現金化できる特徴があります。

無審査で現金調達できるという点は現金化業者と闇金で共通していますが、闇金とどのような違いがあるのか疑問に思う人がいるはずです。

現金化業者は金融業者ではないという点を理解していれば区別しやすいですが、イメージだけでは正確な違いが分かりにくいことは確かです。

では、最短即日で現金を手に入れられるという共通点があるにも関わらず、現金化業者・闇金・消費者金融の中で闇金だけが違法となる理由はどこにあるのでしょうか。

現金化業者・闇金・消費者金融それぞれの特徴

現金化業者・闇金・消費者金融という現金調達が可能な専門業者は、正確な業務内容を知らなければ似ている金融業者と間違われやすいです。

まずは、どのような事業内容を行っているのか、以下のような違いがあることを詳しく把握する必要があります。

現金化業者は金融業者ではなく商品の売買相手

現金化業者は商品売買契約に基づき利用者が必要な現金を調達する取引を行うので、そもそも金融業者ではないために審査が必要ありません。

利用者が既にクレジットカード会社から審査を受けて利用限度額を設定済みのクレジットカードを使ったショッピングを行った結果に基づき現金を用意します。

このため、現金化業者が確認する内容はクレジットカードが利用者本人のものであって、クレジットカード決済が正規の手順で行われたかどうかのみです。

商品売買契約が正規に行われたことを確認した上で、独自のノウハウにより現金化を行うのでクレジットカード会社の利用規約違反ではあっても法律違反にはなりません。

闇金は金融監督庁への無届け営業を行う違法業者

闇金は金融業を行う際に必要な金融業を監督する省庁への届け出を一切行っておらず、無許可かつ違法な貸付を行う非合法組織です。

法律を完全に無視した貸付を行うので、取り立てについても法律を最初から守る気がなく強引に行われます。

多重債務に悩む人が、低金利等の好条件が書かれたダイレクトメールを見ると、この業者で一本化できれば返済は楽になるなどと思い、申込みをしてしまいます。

厳しい取立てにあっていたり、どこの業者からも借りることができなくなった状態ならなおさらです。

しかし、そんなおいしい話はありません。

出典:日本貸金業協会

金融業者は利息制限法に基づき上限金利が決められていますが、闇金は上限金利を無視した極めて高額な金利で融資を行っています。

このため、闇金からの借り入れはそもそも返済義務すら存在しないために、闇金に強い弁護士へ相談して解決する方法が有効です。

消費者金融は貸金業法に基づく融資を行う正規の貸金業者

消費者金融は貸金業法に基づき、しっかり審査を行い融資判断をする正規の金融業者です。

利息制限法で定められた上限金利で融資を行い、貸金業法に定められた総量規制の範囲内までしか貸付を行えません。

アイフル公式サイト

アイフル公式サイト

滞納時の取り立てに関しても貸金業法で定められた範囲内での取り立てに制限されているので、過酷な取り立て行為に苦しむことは無いわけです。

そして、消費者金融からの借入と返済は指定個人信用情報機関へ取引状況が登録されているので、他社で滞納があれば新たな融資審査に通りにくくなります。

クレジットカード現金化と闇金の3つの大きな違い

クレジットカード現金化と闇金は監督官庁が無いという共通点があるものの、決定的に異なる違いが3つあります。

公式サイトを確認しただけでは判断が難しいならば、次のようなポイントをチェックすることで容易に見分けられるはずです。

現金化業者は融資をしたわけではないので取り立てとは無関係

現金化業者は有効なクレジットカードを使って商品売買契約を結ぶことにより、独自のノウハウによって現金調達を行うので利用者とは売買の取引相手という関係です。

このため、現金化業者は融資をしたわけではなく返済先はあくまでもクレジットカード会社であって、現金化業者は取り立てに加わることは一切ありません。

闇金は自らが利用者に貸付を行い返済や取り立ても行うことから、非合法な融資を行う債権者と債務者という関係になります。

金利設定が大きく異なる

現金化業者はクレジットカードに設定されたショッピング枠を使ったクレジットカード決済により現金化するので、利用者が持つクレジットカードの金利が適用されます。

分割払いやリボ払いによる返済時には、クレジットカード会社との契約内容に基づき分割払い手数料という形で実質金利が適用されて利息制限法の範囲内です。

一方、闇金は独自に定めた自主ルールを押し付ける形で貸付を行うので、利息制限法で定められた上限金利を遥かに上回る高金利で融資を行っています。

1ヶ月単位や10日単位での金利設定を年率換算すれば、いかに法外な高金利設定を行っているのか分かるはずです。

違法性の有無に違いがある

現金化業者は商品売買契約を行っただけであって、クレジットカード会社の利用規約には反していても法律違反を直ちに行っているわけではありません。

闇金は全ての法律を最初から守る気がなく、利用者の弱みにつけ込んで法外な金利による貸付だけでなく返済を迫る際にも法律を無視した強引な方法が使われます。

このため、現金化業者は法律の範囲内で現金調達を行い、闇金は法律を無視した非合法な手段で融資から回収までを行うという違いがあるわけです。

「現金化業者・闇金・消費者金融のそれぞれの特徴と違いを解説!」のまとめ

消費者金融は貸金業法に基づく正規の金融業者であって、利息制限法に定められた上限金利の範囲内で融資を行い滞納時の督促行為も法律を遵守しています。

クレジットカード現金化業者は金融業者ではなく、商品売買契約の相手方という扱いになるので金融業者ですらありません。

クレジットカードを使ったショッピングの相手方だからこそ、違法性無く取引を行えるわけです。

一方、闇金は利息制限法だけでなく法律を一切守らずに極めて高い金利で貸付を行い、返済についても法律を無視した強引な取り立てを行うことが知られています。

闇金からの借入は返済義務が最初から無く、借入先が闇金だと分かった時点で弁護士へ相談して解決しましょう。