沖縄(那覇市)にある現金化業者一覧|メリット、注意点、来店した後の流れ

沖縄(那覇市)にある現金化業者一覧|メリット、注意点、来店した後の流れ

沖縄のクレジットカード現金化事情は若干複雑で、現金化で有名なお店が閉鎖されてしまったという経緯があります。

しかし、家電の買取やブランド品の買取でクレジットカードの現金化が出来るお店は多く、ネットなどを経由して申し込めるケースが多くなっています。

離島などが多い沖縄の地域事情に合わせて工夫している現金化業者が珍しくないのです。

それぞれの現金化業者の強みを把握しつつ、うまく使うことが上手に現金化するポイントになっています。

クレジットカード現金化優良店

那覇市にあるクレジットカード現金化業者一覧

那覇市にあるクレジットカード現金化業者一覧

ナイスチケット

沖縄県那覇市ゆいレール「牧志駅」「美栄橋駅」から徒歩範囲内にある、金券の買取や販売を行うチケット売買専門店のナイスチケットでは、毎日たくさんの金券の買取。

販売を実施しています。

地域に密着した営業姿勢は地元の方ならず多くの人に支持されていて、それに応えるような形で高い換金率で金券の換金を行ってくれるのです。

なおこちらの店舗、日曜日はお休みですから注意が必要です。

住所沖縄県那覇市泊1丁目8-3
電話番号098-866-8988
営業時間9時00分~18時00分
ホームページなし

大黒屋 那覇天久店

質・買取店といえば大黒屋ですが、そんな大黒屋が沖縄那覇でオープンしたのが、「大黒屋 那覇天久店」です。

那覇の大動脈・国道58号沿いにある店舗では、毎日たくさん持ち寄られる金券屋やブランドアイテムを、びっくりするくらいの高い換金率で買取を行っているのです。

全国展開している強みを生かし、安定した買取ができるのも大黒屋 那覇天久店の魅力でしょう。

住所沖縄県那覇市天久816 金城店舗 1階
電話番号098-860-9085
営業時間10時00分~19時30分
ホームページhttps://shop.e-daikoku.com/info/spot/detail

買取専門店・大吉 那覇与儀店

買取専門店「大吉 那覇与儀店」は、全国展開している大吉とのネットワークという強みを利用して、周辺地域におけるダントツの高価買取を目指している地域密着型の店舗です。

買取は多岐にわたり、貴金属類やジュエリー、切手、金券意外にも、オモチャや洋酒など、なんでも買い取ってくれます。

店頭だけでなく、出張買取や宅配買取も行っていて便利です。

お店は3台まで入れる駐車場も完備。

お店は壺川駅(モノレール戦)出口から歩いて約15分。

与儀本通り(国道330号線)沿いにあり、与儀小学校のはす向かいです。

住所沖縄県那覇市楚辺2丁目25-7 セントラルハイム1F
電話番号098-836-6024(フリーダイヤル/0120-090-535)
営業時間10:00~19:00(年中無休)
ホームページhttp://www.kaitori-daikichi.jp/nahayogi/

沖縄の店舗でクレジットカード現金化をするメリット

沖縄の店舗でクレジットカード現金化をするメリット

沖縄と一言で言っても地域によって人口や利用できるお店に大きな違いがあります。

店舗でのクレジットカード現金化は貴重な現金確保の手段になるケースが多く、選択肢が多ければそれだけプラスになることもあります。

沖縄の現金化業者は宅配買取などに積極的なケースも多いため、知識として知っておくのがおすすめです。

貴重な現金確保の手段になる

クレジットカードの現金化は、専門業者に依頼する方法とリサイクルショップなどを経由し、購入した商品を売る方法に分けることができます。

商品券やギフト券、家電など通販で購入できるものが増え、手軽に換金できるようになったのは大きなメリットです。

どうしてもお金が足りないときや、急な出費が発生した際に商品券や家電を購入して売るという手段が取れるためです。

家電を新品に入れ替えてしまい、古いものを売ってしまうことも出来ます。

リサイクルショップなどに買取依頼をすればすぐにお金が受け取れるのがメリットになります。

宅配買取などに積極的な業者も多い

沖縄と一言で言っても陸路で繋がっているとは限らず、移動に船や飛行機が必要なケースもあります。

その分交通費や時間がとられがちで、地元で何かをお金に変えるのが難しくなる場合があるのがネックです。

そんな地域の事情を反映し、沖縄は宅配買取など「家から出ずに物を現金化できる」仕組みを取り入れるお店が増えています。

ダンボールに物をつめて送れば、査定と買取まで一貫してやってくれるのです。

お金は銀行振り込みになるのが一般的ですが、移動の手間を考えるとお得になることが多くなっています。

住所などがわかるから安心感がある

店舗で現金化するメリットで見過ごしがちなのが、住所や買い手がわかると言う安心感です。

ネットを経由してクレジットカード現金化を出来る業者は増え、非常に便利になっています。

反面、顔がわからない、どんな場所にお店がわからないなど不安に思う人も増えているのが事実です。

住所があるからと言って信用できるとは限らず、店舗などもすぐに移転するといったこともありえます。

しかし、地元の店舗であればなにかあってもその後を把握しやすく、安心感がうまれやすいのがメリットと言えます。

沖縄の店舗でクレジットカード現金化をする際の大まかな流れ

沖縄の店舗でクレジットカード現金化をする際の大まかな流れ

沖縄でクレジットカード現金化を目指す場合は、商品をどこで購入するのか、割に合うのかを考える必要があります。

これは現金化するために一度クレジットカードで商品を購入し、リサイクルショップなどで売るという手順が必要だからです。

通販などで取り寄せる場合は日数がかかるため注意が必要です。

現金化するための商品を購入する

沖縄にはクレジットカード現金化の専門業者がないため、買取して貰える商品を購入する作業が必要になります。

金券やブランド品、家電などが一般的ですが、どこで購入するかで価格が変わります。

出来るだけ安く購入し、高く買取してくれるお店に持ち込むのがベストです。

また、金券などはある程度の水準があるものの、家電やブランド品は人気などによって買取価格が上下します。

事前の下調べも重要になってきます。

商品到着や買取場所に行く手間をチェックする

那覇市などの都市圏であれば、商品を購入して当日に売ることも簡単です。

しかし、都市部を離れると換金率が高い商品を購入し、高額買取を行える場所に持ち込むのにも苦労するのが沖縄です。

身近に高額買取の商品を扱うショップや、買取を行ってくれるお店がない場合はタイムラグも考える必要があります。

現金化を急ぐ場合は換金率よりもスピードを意識するなど、不便さに目を瞑る意識も大切なのです。

実際に査定から買取を依頼する

店舗が近い場合は実際に店舗に持ち込み、宅配買取に対応している場合はネットなどを経由して査定の依頼を行います。

査定の金額に納得できた場合は買取を依頼し、現金化が完了します。

買取・査定を依頼する場合は必ず身分証明証が必要になることに注意が必要です。

宅配買取の場合も査定に納得できない場合は返送してもらえますが、返送の手数料は自己負担になる場合もあります。

店頭買取は即現金で受け取れるのが一般的ですが、宅配買取の場合は振込みが基本になります。

沖縄の店舗でクレジットカード現金化をする際の注意点

沖縄の店舗でクレジットカード現金化をする際の注意点

沖縄の店舗でクレジットカード現金化を目指す場合の注意点は、割に合うかどうかを確認する必要があります。

これは商品の購入から買取まで手間がかかることが多く、送料などで目減りすることも多いためです。

現金化に時間がかかることも多く、すぐにお金が必要な場合は無店舗型の業者の方が効率が良い場合もあります。

換金率が高い商品を購入してすぐ売れる環境が珍しい

沖縄は那覇などの一部の都市圏を除き、換金率が高い物を購入して売るということが難しくなります。

リサイクルショップなどでブランド品を購入し、別なリサイクルショップなどで売ることは出来ます。

しかし、換金率などは低くなることが一般的で、手間や時間をかけずに現金化するハードルが高いのです。

換金率が高くても送料などがかかるケースも多く、効率よく現金化する物や手段が不足しがちなのが沖縄事情になります。

そもそも割が良いアイテムが流通していないことも

クレジットカードを現金化する上で必ず話題に上るアイテムが新幹線の回数券です。

実用性が高いのが魅力で常に需要があり、高額で取引されるアイテムとして知られています。

しかし、沖縄の場合は新幹線自体が通っておらず、本土に移動しなければ使えないアイテムになっています。

実用性はあるものの、飛行機や船で移動しないと使えないという条件がつくため、価値が下がりがちなのです。

買取価格にも影響があるため、場合によっては本州のショップなどに送った方が買取額が高くなるケースもあります。

無店舗型の業者と比較することも重要

店舗型の業者には店舗型の業者の良さがありますが、デメリットが目立ちがちなのが沖縄になります。

地域による差が大きいのも特徴になるため、場合によっては店舗型にこだわらず無店舗型のクレジットカード現金化業者を利用した方が良い場合もあります。

無店舗型の業者であればネット経由で手続きを行い、指定の口座に振り込んで貰うことも簡単です。

手続きのタイミングによって即日振込みが難しいケースもありますが、換金率とあわせて比較したいポイントになっています。

「沖縄でクレジットカード現金化」のまとめ

沖縄_地図

沖縄は複数の島で成り立つ県のため、交通や物流にもコストがかかります。

クレジットカード現金化も物流の影響を受けるため、結果的に売却する商品が手に入りづらい、送料分目減りすると言うことが良くあります。

買取を依頼する場所自体も限られるため、割りよく現金化すること自体が難しいのです。

そのため、即日の現金化を目指す場合はネット経由で無店舗型のクレジットカード現金化業者と比較するのが一般的になります。

住所などがはっきりしていて、店主などの顔が見える方が安心な場合はリサイクルショップなどを経由して現金化を目指すのがおすすめです。

しかし、換金率や手間などを優先する場合は、店舗型に限らずに選択肢を広げた方が良いのです。