食事代などの立て替えでクレジットカード現金化する方法・メリット・注意点など

食事代などの立て替えでクレジットカード現金化する方法・メリット・注意点など

クレジットカードを現金化する方法はいくつかあります。

業者を使ってクレカ現金化をするだけではなく、上手く使えば自分ですることも可能。

今回は、生活の中で利用できる「食事などの立て替えでできるクレカの現金化」を紹介していきますね。

現金化はカード会社の利用規約に反してはいますが、この方法であれば問題視されることが少ないです。

では、具体的なクレカを現金化する方法や手順、メリット、注意点などを見ていきましょう。

みんなの食事代を一時的に立て替えてクレジットカード現金化する方法

みんなの食事代を一時的に立て替えてクレジットカード現金化する方法

立て替えをしてクレカで現金を受け取る方法は、ごく単純。

特別に難しいことはありませんし、誰でもすることができます。

やり方はケースバイケースでもあるのでその場も状況を見つつ、賢く現金化していくようにしてください。

クレカで支払いをしてその場で現金を受け取る

立て替えで現金化するやり方は、基本的に以下の通りです。

食事などを複数人でする

他の人の分もまとめて自分がクレカで支払う

他の人から現金を受け取る

清算をするとき自分がクレカで支払うようにし、その場でワリカン分の現金を受け取るだけです。

「今あんまり現金がないからカードで支払っていい?まとめて払うね」など言い、自然にクレカを使えるように誘導していきましょう。

持ち合わせが少ないのでカードで支払うというのはごく普通のこと。

違和感がないので上記の流れでクレカを現金化することができます。

飲み会や出張でも現金化することが可能

普段の食事だけではなく、飲み会や出張などでもクレカの現金化をすることが可能です。

やり方は、自分がクレカで支払いをしてお金を立て替えればOK。

飲み会のときは幹事を務めるようにして前もって現金を受け取るようにし、支払いのときに自分のクレカで決済します。

幹事ではなくてもいいですが、幹事をした方がトラブルが少ないのでおすすめ。

出張のときも、必要な費用をクレカを使って支払い、会社に提出すれば現金を受け取ることができます。

普段から「現金を持ち歩かない人」と認識されるようにする

何度も現金化をしたいのであれば、普段から周りの人にキャッシュレス派だと認識されるようにしておきましょう。

1回だけなら「現金が少ないから」と言い、食事代などを立て替えても問題ありません。

しかし、何度も同じことを言って現金化していると違和感があります。

「また現金もってないの?お金がないのかな…」とも思われかねないので、電子マネーやクレカ派だと思わせることが大事。

立て替えでの現金化を頻繁にしたいのであれば、「現金を持ち歩かない人」という印象を与えるようにするとスムーズです。

立て替えて現金化をするメリット

立て替えて現金化をするメリット

クレカを現金化する方法はいくつかあるので、それぞれ方法によってメリットが違います。

立て替えの現金化はお得になりやすく、リスクが少ないのが特徴。

以下のようなメリットがありますから、自分にできそうであれば試してみるようにして下さい。

100%の換金率で現金を受け取ることができる

他のクレカ現金化と違い、立て替えは「その場で現金を立て替える」という方法です。

何かを購入したり売却したりしなくて良いので、還元率は基本的に100%です。

5,000円分を立て替えるとそのまま現金を受け取ることができ、更にクレカのポイントがつくのでお得。

他の方法だと換金率や手数料などが引かれるので、100%受け取るということは出来ません。

業者を利用する、転売など他の方法だと換金率の相場は50~90%ほどが相場ですが、100%受け取れるので大きなメリットです。

リスクがほとんどないので安心

クレカの現金化はカード会社の規約違反です。

バレるとペナルティが発生することになりますが、食事などの立て替えなので怪しまれることが少ないですよ。

クレカの現金化をする場合、商品を売却していくのが一般的なやり方。

しかし食事代などであれば「物」を買うわけではないので怪しまれることはほとんどありません。

業者を探す、騙されて入金されない、手数料が高くて手元に現金が残らないなどのトラブルとも無縁。

立て替えでの現金化はリスクが少ないので安心です。

複雑さがないので誰でも簡単にできる

立て替えでの現金化は、クレカ現金化の方法の中でも簡単です。

食事などの後にクレカで支払いをするだけなので難しいことは何もありませんよね。

他の方法で現金化をする流れは複雑ですし、業者を利用するときは身分証明なども必要。

自分で商品を購入するなら商品の選択、売却する金額の計算なども考える必要がありますが、そんな面倒な手順も必要ありません。

複雑さがなく知識や勉強も必要ないので、誰でも行うことができます。

立て替えて現金化をする際の注意点

立て替えて現金化をする際の注意点

立て替えの現金化にはメリットが多いです。

条件的にお得でリスクが少ないので何度もしたくなりますが、場合によってはトラブルになることもあります。

以下のようなデメリットもあるので、利用するときは注意しておいてください。

クレカの決済をしても良いか聞いてから支払う

現金が必要だからといって、許可もなくクレカで支払いをするのは止めておきましょう。

ポイントを貯めるためにクレカを使いたがる人もいますし、マナーとして「クレカで全部払ってもいい?」と声をかけておきましょう。

声をかけていないとオゴリだと勘違いされることもあります。

オゴリだと思ってお礼を言われてしまうと、後になって「立て替えただけだから払って」とは言いにくいもの。

そういったことを避けるためにも前もって聞いておくようにします。

なるべくその場で現金を受け取るようにする

お金を立て替えた場合、なるべくその場で現金を受け取るようにしましょう。

中にはお金にルーズな人もいるので、現金を受け取ることができないまま何か月も経ってしまうということも。

忘れっぽい人であれば、立て替えてもらったこと自体を忘れる可能性もあります。

できればその場で受け取り、それが無理なのであれば数日以内に返してもらうようにしましょう。

忘れっぽい人、お金にルーズな人には立て替えず、しっかりお金を管理できる人の分を立て替えると安心です。

状況によっては現金化することができない

立て替えが目的で友人と食事に行ったとしても、いつでも立て替えができるわけではありません。

大皿料理などがでてくるお店であれば支払いやすいですが、ランチやバイキングなどは難易度が高くなります。

「1人1人の金額がハッキリしているもの」はお会計を別にすることが良くありますから注意しましょう。

食事に行っても立て替えができなければただの出費です。

いつでも立て替えの現金化ができるわけではないと理解しておきましょう。

「食事代などの立て替えでクレジットカード現金化する方法・メリット・注意点など」のまとめ

食事などの立て替えはクレカの現金化がしやすいです。

換金率や手数料、業者の評判、詐欺かどうか、カード会社とのトラブルを気にしなくても良いのでリスクが少なくて安心。

やり方も簡単なので、思いったときに実行することができて便利です。

しかし、いつでも立て替えに成功するわけではありませんし、ルーズな人であればお金をなかなか受け取ることができない場合も。

出張時に経費をクレカで立て替えた場合も、いつ現金が渡されるのか聞いた上で利用しましょう。

翌月の給料としてまとめて振り込まれることもあるので、事前に確認しておくことが大事です。