Amazonギフト券買取がバレるとダメなのはなぜ?原因と対策も解説!

Amazonギフト券買取がバレるとダメなのはなぜ?原因と対策も解説!

Amazonギフト券はAmazonでの買い物などに利用することができるので便利ですが、中には手元にAmazonギフト券があるけれども使う機会がないという人もいることでしょう。

そんな人におすすめなのが、Amazonギフト券を現金に換えることができるAmazonギフト券買取です。

ですが、Amazonギフト券買取はAmazonなどにバレないように行わなければいけません。

実際に、Amazonギフト券買取を利用したことがバレてしまい、後悔したという人もいます。

今回は、Amazonギフト券買取がバレてはいけない理由やバレてしまう原因とその対策を紹介していきます。

Amazonギフト券の現金化がバレるとダメな理由

前述の通り、Amazonギフト券買取はAmazonなどにバレないように行わなければいけません。

ですが中には、なぜバレてはいけないのかがわからないという人もいることでしょう。

そこでまずは、Amazonギフト券買取がバレてはいけない理由を紹介していきます。

Amazonギフト券買取はAmazonの利用規約で禁止されている

Amazonでは、Amazonギフト券を転売したり買取サイトに買い取ってもらうことを利用規約で禁止しています。

そのためAmazonギフト券買取を利用したことがAmazon側にバレてしまうと、利用規約に違反したということでアカウントの凍結や残高の没収といった措置が取られてしまう可能性があります。

するとAmazonでの買い物ができなくなってしまうため、日常生活にも影響が出てしまう可能性があります。

そのためAmazon側にバレないように買い取ってもらわなければいけないのです。

クレジットカードが利用停止になる可能性がある

Amazonギフト券はクレジットカードでも購入することができます。

そのため、Amazonギフト券買取を利用する人の中には、クレジットカードの現金化のために利用しているという人もいます。

ですが、クレジットカードの現金化目的の使用はカード会社の利用規約で禁止されています。

Amazonギフト券をクレジットカードで購入し、それを買い取ってもらうこともこれに該当してしまうため、クレジットカード自体が利用できなくなるリスクがあります。

Amazonギフト券も金券なのでカード会社は監視を行っているので、バレてしまう可能性も十分にあるのです。

キャリア決済が利用できなくなる可能性も

スマホを利用している人の中には、携帯会社の決済サービスを利用している人もいることでしょう。

このキャリア決済では直接Amazonギフト券を購入することはできませんが、バンドルカードに入金することで購入することは可能です。

ですが、キャリア決済を使って間接的にAmazonギフト券を購入し、それを買い取ってもらったことがバレてしまうとキャリア決済が利用できなくなる可能性もあります。

携帯会社は、キャリア決済を現金化目的で使用することも禁止しているので、それに違反してしまいます。

Amazonギフト券の現金化がバレる原因とは?

Amazonギフト券の買取による現金化をしようとしている人の中には、買取はバレることはないだろうと考えている人もいるのではないでしょうか。

ですが、Amazonギフト券による現金化がバレてしまい、後悔しているという人も少なくありません。

ここからはAmazonギフト券の現金化がバレてしまう原因を紹介します。

高額なAmazonギフト券を購入する

Amazonギフト券の現金化がばれてしまった人の中には、高額なAmazonギフト券を購入したことが原因となっていることが多いです。

Amazonギフト券は購入する金額を自分で決めることができますが、普段の買い物実績に合わないような高額なギフト券を購入してしまうと、現金化目的でないかと疑われるリスクが高くなります。

特に普段Amazonで買い物をしていないような人が突然高額なAmazonギフト券を購入してしまうと、何に使うのかを怪しまれてしまいます。

そこから現金化に利用したことがバレてしまうこともあります。

頻繁にAmazonギフト券を購入する

頻繁にAmazonギフト券の購入をしてしまうと、Amazonギフト券買取がAmazon側にバレてしまうリスクが高くなります。

Amazonギフト券はそれほど頻繁に必要になるものではないので、購入頻度が高いとそれを使って現金化をしているのではないかと疑われてしまうのです。

特に月5回以上Amazonギフト券を購入しているという人は、現金化目的を疑われてしまいやすいので注意が必要です。

また高額なAmazonギフト券を頻繁に購入すると、よりバレるリスクは高くなるので避けるようにしましょう。

クレジットカードの支払いの遅延からバレてしまうことも

Amazonギフト券による現金化をする場合、Amazonギフト券をクレジットカードで購入することになります。

そのためクレジットカードの支払いが遅延してしまったり滞納してしまうと、そこから購入履歴を確認されてしまい、Amazonギフト券による現金化がバレてしまうこともあります。

ちょっと支払いが遅れるくらいなら大丈夫だろうと考えてしまう人もいますが、カード会社は現金化をしていないかのチェックを厳しく行っているため、バレてしまう可能性は高いです。

Amazonギフト券の現金化がバレない様にする対策

これまでに紹介してきたように、Amazonギフト券の買取がAmazon側やカード会社にバレてしまうとAmazonでの買い物やカードの利用ができなくなってしまいます。

そのため、Amazonギフト券を現金化するときにはいかにバレずに行うかが非常に重要です。

ここからは、Amazonギフト券による現金化をバレずに行うための対策を紹介していきます。

Amazonギフト券の購入頻度を減らす

前述のようにAmazonギフト券は頻繁に購入してしまうと現金化がばれてしまいやすいので、購入頻度を下げるのが最も簡単な対策です。

実際にAmazonギフト券による現金化は多く、Amazonとしても警戒しています。

ですが、月に1~2回程度の購入ならば買い物などのために購入している人も少なくなく、Amazon側としても現金化目的での購入だと断定することができません。

そのため、バレるリスクを大幅に下げることができるのです。

優良なAmazonギフト券買取業者を利用する

Amazonギフト券の現金化がバレてしまったという人の中には、悪質な業者を利用したことによりトラブルが発生し、そこからバレてしまったという人もいます。

そのため、優良な業者を利用することでバレるリスクを下げることができます。

優良なAmazonギフト券買取業者は、利用者が安心して現金化を依頼できるように、カード会社やAmazonにバレないように入念な対策を行いながら現金化を行っています。

そのため安心して利用することができるでしょう。

クレジットカードの支払いを滞納しない

Amazonギフト券による現金化をバレないようにするためには、Amazonギフト券を購入するために使っているクレジットカードの支払いを滞納しないようにすることが重要です。

Amazonギフト券による現金化では、クレジットカードでAmazonギフト券を購入することになりますが、支払いが1日でも延滞してしまうとばれるリスクが大幅に高くなります。

クレジットカードを使う上では当たり前のことですが、Amazonギフト券の現金化をしているときにはより一層支払いには気を遣うようにしましょう。

「Amazonギフト券買取がバレるとダメなのはなぜ?原因と対策も解説!」のまとめ

Amazonギフト券は誰もが利用するというわけではないので、業者に買い取ってもらって現金にしているという人も少なくありません。

また、中にはAmazonギフト券を現金化目的で購入しているという人もいます。

ですがAmazonギフト券による現金化は確かに便利なのですが、Amazonやカード会社から禁止されている行為であることを理解した上で行わなければいけません。

それを忘れてしまうと、カードやAmazonのアカウントが利用できなくなってしまい、後悔してしまう可能性もあります。

注意点やリスクも理解した上で、安全にAmazonギフト券を現金化しましょう。