GooglePlayギフトカード買取サイトおすすめ比較2022年版【厳選】

使っていないGooglePlayギフトカードを持っている人は、その使い途に困りませんか?

「特にゲームがしたいわけでもなく、誰かにあげるのもちょっと…」

こういったGooglePlayギフトカードは買取業者に買い取ってもらい、現金に換えた方が合理的ですよね。

ここでは、GooglePlayギフトカードの買取について、色々と紹介していきます。

GooglePlayギフトカードの買取は3つの方法が存在する

買取サイトで現金化を依頼

Amazonギフト券やiTunesカードを専門とした買取業者がいるようにGooglePlayギフトカードにも専門の買取業者は存在しています。

存在していると言っても他のギフト券も買取しているので取り扱い商品の1つとして扱っているのが殆どですが、少なくとも対象としている以上は買取に関しては間違いなく可能です。

この買取業者も現在はネット営業を専門とした買取サイトとして営業している所が殆どなので、利用するのは実質ネットからの利用となります。

ネットを介しての利用となるのでスマホやパソコンも必要となりますが、アクセスさえ出来れば日本全国から利用出来るので地域格差に影響される事もありません。

更に買取サイトの中には高価買取対象として買取率アップ等サービスも用意してくれたりと高価買取も期待が持てます。

即日買取希望なら店頭買取もおすすめ

GooglePlayギフトカードの買取は申し込みした当日中には終わらせたいなら店頭買取もおすすめです。

GooglePlayギフトカードは金券ショップやギフト券買取もしている買取業者でも比較的取り扱いをしている事が多い商品ですので、他のギフト券に比べたら比較的店頭買取に対応しています。

店頭買取の場合はサービスの性質上お店まで行く必要はありますが、来店さえ出来れば後はお手続きをするだけなので確実に即日買取は可能です。

現金もその場で渡してくれるので現金は後日受け渡しと言う事も基本的にありません。

また、買取業者の中には事前見積もりが可能なサービスをHP上で用意して来店する前に幾らの値が付くのかも確認可能なサービスも提供してくれている場合もあります。

期待した値段が付かなくて無駄足で終わらないように配慮してくれているお店もあるので、店頭買取も候補として悪くないです。

オークションサイトに出品でも高価買取は可能

同じネットからの利用でもオークションサイトを使って現金化する事もGooglePlayギフトカードでは可能です。

GooglePlayギフトカードをオークションに出品して落札者が出れば現金化の契約は成立します。

落札者にGooglePlayギフトカードが渡され、出品者には現金が渡されて取引は完了と難しくもないです。

更に従来のオークションサイトに加え、現在はフリマアプリを使っての取引も増えてきています。

フリマアプリと言っても基本的には定額価格での出品時と変わりはないので、個人的に欲しい金額で設定しての出品が可能です。

こちらも落札者が現れれば落札者宛に商品を送り、出品者には現金が渡されるのでオークションサイトを利用した人でも簡単に取引が可能です。

買取サイトのメリットとは?

買取率が高めに設定されやすい

GooglePlayギフトカードはGooglePlayの残高として使う事が前提のギフト券ながら高価買取対象として扱われています。

貯まっているGooglePlay残高はアプリ内の課金以外にも電子書籍や動画等のデジタルコンテンツのお支払いや月額料金のお支払いとしても使う事が出来ると使える場面も多いので、買取サイトからすれば商品価値の高い商品として認知されています。

商品価値が高い以上は高価買取してでも在庫を多く欲したいと買取サイト側は考え、結果として高値で設定されている所が多くなっています。

ネットがあれば何処からでも申し込みが出来る

買取率の高さ以外にも申し込みのしやすさも買取サイトをおすすめする理由です。

買取サイトはネット営業主体でお店を持っていないので店頭買取に対しては基本的に対応しておらず、ネット申し込みのみの対応です。

しかし、ネット申し込みのみと言う事は店頭へ行く必要が無くなり、何処からでも申し込みが可能というメリットも生まれました。

特に地方や郊外在住者の人からすればお店はあっても家から遠ければ交通費の関係で断念してしまう場合も多く、交通費に左右されずに済むと言う意味でも買取サイトはおすすめです。

ネットに繋がりさえすれば地方格差の影響は全く無いです。

申し込みは24時間365日対応可能

買取サイトは時間帯を選ばずに営業しており、申し込みに関しては24時間365日対応な所が殆どです。

申し込み以降の手続きから入金までは業者によっては営業時間内での対応や文字通り24時間365日対応で深夜・早朝申し込みでも手続き可能と対応は違いますが、申し込みに関しては何処の買取サイトでも24時間365日対応していると言っても過言ではありません。

仮に遅くなったとしても入金が遅いプランを選んでいない限りは半日~1日程度と数日から数週間も待たされる事も無いです。

店頭買取がおすすめじゃないのは何故?

店頭買取も即日買取が出来ると言う意味ではおすすめですが、お店に行く事が出来たらが前提の話です。

店頭買取はお店へ行かない限りはずっと出来ないままなので、面倒でもお店へ行く必要があります。

行くにしても営業時間内での来店スケジュールの確保、住んでいる場所によっては電車代やガソリン代等交通費の確保も必要と手間も多いです。

店頭買取業者の中には郵送買取や出張買取サービスも用意している所もあるのでこちらを使う選択肢も悪くは無いです。

しかし、お店へ行かずに買取の選択肢であれば買取サイトの方がネットからの申し込みで直ぐに手続き出来るのでこちらの方が使いやすいです。

特に前者の場合は郵送から手続き完了まで一週間程度掛かる事が多いので、それなら尚の事買取サイトを使った方が手短に済みます。

また、店頭買取の場合だと買取率の面から見てもおすすめしにくいのも理由としてあります。

店頭買取をするにはお店は当然必要ですが、同時に運用する為のコストも必要となります。

特にお店の光熱費と家賃、運営するスタッフの人件費はGooglePlayギフトカードに限らず店頭買取をするのであれば絶対に必要な出費です。

これらのコストも考慮しなければ高価買取し続けると却ってお店が赤字になるリスクも高くなります。

これがネット型の買取サイトであればお店を持っていないのでコストがある程度浮き、浮いた分は買取率に還元出来るので高価買取は比較的行いやすいです。

しかし、店頭買取だと先述の通り運営コストの兼ね合いもあるので、買取サイトに比べると買取率は低めとおすすめしにくいです。

オークションサイトもおすすめ出来ない理由はある

オークションサイトにもおすすめ出来ない理由はあります。

オークションサイトの性質上、商品を出品して落札されない限りは現金として手に入る事はありません。

GooglePlayギフトカードも例外ではなく、GooglePlayギフトカードを出品したからと言って絶対に買い手が出てくるとは限りません。

特にGooglePlayギフトカード等のギフト券は差別化がしにくい商品ですので、ライバルが多ければ多いほど不利になりやすいです。

落札しやすい様に価格を低めに設定すれば落札者は出やすくても今度は出品した側の自分が損する、逆に高額設定しているとぼったくりと判断されて落札者は現れずに時間だけが過ぎていき現金は手に入らないままとどっちにしてもリスクが大きいです。

リスクも考慮しつつ希望金額は手に入るように価格調整しながら出品しないといけない、出来たからと言って必ず買い手が付く訳でも無いと手間が多い割に現金が手に入る確実性も低いです。

加えて、オークションサイトの中にではGooglePlayギフトカード含めた電子マネーギフト券は出品禁止としている所もあります。

そのサイト内で出品しよう物ならサイト側で強制的に出品停止、最悪の場合規約違反としてアカウント凍結と重いペナルティーも用意されています。

また、OKとしているオークションサイトでも出品OKなのもあれば反対に出品NGな商品が細かく分けられている場合もあります。

その商品も各オークションサイトで扱いは違うので、売りたくてもサイト側でNGとされている以上はオークションでの現金化は不可能となります。

GooglePlayギフトカードの買取率を上げる方法はある

申し込み金額を可能な限り上げる

買取率は申し込み金額が上がる度に比例して上がっていきます。

つまり、買取率を上げた状態で申し込みすれば高価買取も期待出来ます。

特に特定の金額以上は買取率アップや指定額面のは特別レート適用を用意している買取サイトであれば上げた状態での買取はおすすめです。

上げる事が可能な事が前提のやり方なので、恐らく出来ないと断念する人もいるかもしれません。

しかし、買取サイトの中にはGooglePlayギフトカードを持っていなくてもサイト側が指定購入してそのまま買取での現金化に対応してくれる事もあるので、こちらの方法で買取率を上げた状態で依頼すれば実現も可能です。

使えそうなキャンペーンは徹底的に狙う

買取サイトの中にはキャンペーンを用意している所も多いので、キャンペーンを狙って現金化するのもおすすめです。

用意されているキャンペーンの傾向として見られやすいのは「新規向けのキャンペーン」「他社から乗り換え」「指定時間内での申し込み」の3点です。

特に新規向けは用意している買取サイトも多いので、比較的狙いやすいキャンペーンです。

キャンペーンと併用すれば通常の買取率よりも買取率アップが上がるのは確実なので、使えそうなのがあれば迷わずにキャンペーンを使って買取を依頼した方がお得です。

1~10日の月初めは極力避ける

買取サイト側は24時間365日営業が基本ですが、何時利用してもお得とは限りません。

特に1~10日の月初めの時期は可能であれば避けた方が懸命です。

この日程は集客が見込みやすい反面、多くのお客を捌く必要があるので買取率低めでスピード優先の買取になりがちです。

スピードは期待出来るので即日現金化は出来たとしてしても、買取率は低い状態と損のが目立つ結果になる可能性も高いです。

急ぎで現金が必要な場合は別ですが、急ぎで無いのであれば1~10日の利用は控えておいた方が良いでしょう。

買取サイトの方が買取率の面でも利用しやすさの面でもおすすめ

GooglePlayギフトカードにも買取方法はあるのでGooglePlayギフトカードを使っての現金化は可能ですが、一番おすすめなのは買取サイトなのが今回の結論です。

買取率が他の方法に比べると高いのもありますが、何より確実に買取が出来ると言う点は捨てがたいです。

買取が出来なければ現金に変える事すら出来ないので、金額は一先ず置いておくにしても買取対象なので値は付く事が保証されている買取サイトのが使うメリットは充分あります。

確実に買取が出来て買取率も高めな所も多いので高価買取も実現させやすい買取サイトを選んでおけば、今後GooglePlayギフトカードを現金化したくなった時でも安心です。