MasterCardカードを現金化する流れ|注意点もあわせて解説!

MasterCardカードを現金化する流れ|注意点もあわせて解説!

世界中で使われているMasterCardカードは、VISAと並ぶ国際決済ブランドとして知られています。

日本国内のクレジットカードにも数多くMasterCardロゴが冠されており、大半の店舗で使用可能な状態となっています。

日本国内で発行されているMasterCardカードは、プロパーカードが存在せずに全て提携カードという扱いとなる点が特徴です。

では、MasterCardカードがクレジットカード現金化しやすいとされている理由はどこにあるのでしょうか。

MasterCardカードの3つの特徴

日本国内ではMasterCardカードがプロパーカードだと思われがちですが、実際にはクレジットカード決済システムだけを発行していて自社発行はしていません。

このため、MasterCardカードブランドのクレジットカードは、裏面を確認すると各信販会社や銀行がクレジットカードの発行会社となっています。

MasterCardカードは決済システムのみ提供している

MasterCardカードは、クレジットカードの国際決済システムのみを提供していて、VISAカード同様に自社でクレジットカードを発行していません。

海外旅行先ではクレジットカード決済システムが通信エラーを起こすことが多いので、VISAとMasterCardカード両方の国際決済ブランドが入ったカードを保有することが当たり前です。

日本国内のように滅多に通信エラーが発生しない国は、むしろ珍しいくらいだと考えておきましょう。

発行しているクレジットカード会社がブランドを形成

日本国内で発行されたMasterCardカードは、信販会社または銀行がクレジットカードの発行元となって独自のステータス性を持たせたゴールドカードやプラチナカードを発行しています。

そして、世界中にある加盟店で提示すれば、現金と同額の支払い額を決済できるという保証を与えているわけです。

このため、MasterCardカードブランドが付いていても、クレジットカードそのものの利用限度額やステータス性とは直接関係ありません。

海外でのキャッシングで有利になりやすい

海外旅行を楽しむならば、MasterCardカードブランドが付いたクレジットカードを1枚保有しておくと便利です。

なぜなら、海外のATMで現地通貨をキャッシングサービスにより引き出せば、両替せずに現金決済が必要となるチップを払う時に使えます。

日本から多額の現金を持ち出すためには届け出が必要ですが、一時的に海外で現金が必要な時にはMasterCardカードはVISAブランドよりも1%程度為替手数料が安いです。

MasterCardカードを現金化する方法

MasterCardカードを使ってクレジットカード現金化を行う際には、最初に自分で現金化するかクレジットカード現金化業者を使うのか決めます。

なぜなら、自分でクレジットカード現金化すれば換金率は高いものの、クレジットカード利用停止リスクが高まるからです。

大半のクレジットカード現金化業者で対応している

日本国内で発行されたクレジットカードは、原則として換金目的での利用が禁止されているので、クレジットカード現金化業者を通して分からないように現金化します。

一般的なネット通販を行った時にクレジットカード決済したように見せかけて、商品売買契約の支払いにクレジットカードを利用します。

MasterCardカードは国際決済システムのみを提供しているので、海外決済代行会社を経由させてもペナルティーがありません。

クレジットカードの利用可能額を事前に確認する

クレジットカード現金化を行う前には、自分で手持ちのクレジットカードの利用可能額がどれくらい残っているのか確認する必要があります。

自分で現金化する場合には、新幹線回数券やブランド品といったすぐに買取業者へ持ち込めば現金化しやすい商品を購入して転売するわけです。

クレジットカード現金化業者を利用する場合にも、利用可能額の残りを把握して使い切ってしまわない程度に余裕を持たせてクレジットカード決済します。

支払い方法の変更はクレジットカード会社に対して行う

クレジットカード現金化を行った時には、一括払いしか選択できない場合があるので、クレジットカードに分割払いやリボ払い設定が可能ならば後から変更しなければなりません。

キャッシュバック方式を使ったクレジットカード現金化ならば、MasterCardカードで最初から分割払いやリボ払いで決済することが可能です。

しかし、商品買取方式による現金化は一括払いを選択してから、締日前にクレジットカード会社へ連絡して分割払いへ変更すれば返済しやすくなります。

MasterCardカードで現金化する際の注意点

MasterCardカードブランドが付帯されているクレジットカードは、日本国内発行ならクレジットカード現金化を行う際に大半の現金化業者で利用可能です。

しかし、MasterCardカードが直接クレジットカードを発行していないため、発行元の信販会社や銀行次第では運悪く現金化業者に断られることもあるのはなぜでしょうか。

MasterCardカードであっても決済代行会社との相性がある

MasterCardカードは、日本国内の加盟店で使用する際には、アクワイアラーと呼ばれる決済事業者が間に入り信販会社や銀行との橋渡しを行います。

同じクレジットカードを使う場合であっても、決済会社が異なればクレジットカード決済手数料に違いが生まれるわけです。

クレジットカード現金化業者が使う決済代行会社が手持ちのMasterCardカードと相性が悪い場合には、使えなかったりクレジットカード決済手数料が高くなることがあります。

突然使えないとクレジットカード現金化業者に言われたら、相性が悪かったと別の現金化業者を利用しましょう。

MasterCardカードの中にはクレジットカード現金化に厳しいクレジットカードがある

MasterCardカードの発行元には、銀行系クレジットカードの一部でクレジットカード決済監視システムの感度が高い事業者があります。

クレジットカード現金化業者が使う決済代行会社は、端末を通すと海外経由でのクレジットカード決済となるためにイレギュラー扱いされがちです。

MasterCardカードならばクレジットカード現金化しても問題ないとは考えずに、現金化業者に相談しながら使いましょう。

海外経由の決済が行われたことを認識しておく

クレジットカード現金化業者を利用してショッピング枠を現金化する際には、決済代行会社によりドル建てと円建てのどちらかで決済が行われたと認識しておく必要があります。

なぜなら、後日クレジットカードの利用履歴を確認した時に、為替変動により決済額に多少誤差が出ることがあるからです。

クレジットカード会社から問い合わせが来た時には、海外の通販サイトを利用したと即答できるようにしておけば安心できます。

「MasterCardカードを現金化する流れ|注意点もあわせて解説!」のまとめ

MasterCardカードは、クレジットカード決済システムのみを提供している世界シェア第2位の国際決済ブランドです。

プロパーカードが存在せずに全て提携クレジットカードという扱いになり、海外でのキャッシングで有利な為替レートが適用されているメリットがあります。

そして、クレジットカード現金化業者の大半がMasterCardカードブランドには対応していますが、一部発行元の信販会社や銀行次第で決済管理が厳しいクレジットカードのみ現金化を断られてしまいます。

そこで、MasterCardカードブランドのクレジットカードは複数枚用意しておき、相性が良いクレジットカード現金化業者経由でショッピング枠現金化を行いましょう。